不登校の子どもたちに寄り添えるバーテンダーになりたい。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

「不登校の子どもたちが行ける昼の場所を作ろう」

ある日のことだった。
僕は、意を決して、スタッフに言った。

不登校に関わる仕事をしていて、会うたびに保護者のかたに言われた。

「昼の場所を作ってください」と。

でも、僕自身は、「いや、でも……」と思っていた。

コストの問題は省いても、大きく心に引っかかることがあったから。

それは、「他にも居場所はあるのに僕たちが作る意味はあるのだろうか?」と思ったから。

フリースクールや不登校支援をしている団体は、他にもあるので、僕たちでなくてもいいと思う。

同じものを作る必要は、ない。

だから、お願いされても、僕はなかなか「やりましょう」という気には、なれなかった。

でも、ある日のこと。
1人の保護者さんに、「なんとか作ってくれませんか?」と、強くお願いされた。

僕は、しぶしぶ「じゃぁ、考えてみますね」と言って、そのかたと別れた。

正直、「やっぱり、ちょっと難しいです」と返事をしようと思っていた。

けれど、さすがになにも検討をせず、無下に断るのは申し訳ない。

そこで、「僕たちが不登校の居場所を作るなら、どんなところにするだろうか?」と、考えてみた。

考えてから、答えを出せばいい。

そう思い、紙に向き合い、考えてみた。

すると、思いついてしまったのだ。
「これは、おもしろいな」という考えに。

「これなら、僕たちがやる必要がある」と思い、保護者のかたに連絡した。

「やります! 4月から昼の居場所はじめますね」と、言った。

授業カリキュラムは、ない。
タイムスケジュールも、ない。
やることも、ない。

え? いったい、どんな場所?

そう思われるだろう。

でも、僕はそれでいいと思った。
いや、それがいいと思ったのだ。

他のところは、カリキュラムも充実している。
勉強を教えてくれる時間もある。

けれど、僕たちは、その全てをおこなわない。

別に、勉強を教えてもらいたかったら、その場所へ行ったらいいのだ。

同じものを作る必要なんて、ない。

僕たちにしかできないことをするから、この居場所を作るのだ。

まぁ、ほんとのところで言ったら、なにをするのかわかりにくいし、誰がここの場へ行かせようと思ってくれるのだろうか、と不安になる。

でも、いいんだ。

僕たちは、収益よりも、集客よりも、大事にしたいことがある。

それは、子どもたちの成長だ。

1人1人の子どもが成長できる場所を作るためには、一切妥協をしたくない。結果、生徒が集まらなくても、仕方がない。(いや、ほんとに来ないとすごく困るけれど)

それくらいの気持ちで、この居場所をはじめた。

僕は、この昼の居場所をBARみたいな場所にしようと思っている。

生徒はお客で、僕たちスタッフはバーテンダーだ。

バーテンダーには、優しい止まり木と言う意味がある。僕たちは、子どもの止まり木になるのだ。

疲れたとき、しんどい時、イヤになったとき、いつでも迎え入れてくれるような場所。

そんな居場所を作りたいと思った。

このBARには、メニューがない。オーダーはすべてお客さんに任せる。

何がしたいのか、何が欲しいのか、どうなりたいのか、すべては子ども次第だ。

僕たちバーテンダーは、お客さんにこう問い掛ける。

「さて、ご注文は何にいたしましょうか?」

僕たちから何かを進める事はない。メニューを用意することもない。こうしたほうがいい、これがある、こんなのはどうでしょうか、なんて言わない。

バーテンダーはあくまでも引き立て役。
主役は、お客様。

お客である子どもは、こう答えるだろう。

「ちょっとわからないです」

バーテンダーを笑顔で答える。

「大丈夫ですよ。では、一緒にお好みのカクテルを考えていきましょう」

「甘いカクテルがお好みですか? アルコールはお強いでしょうか? 今まで飲んだ中で好きだったカクテルは? 好きなリキュールのお好みはございませんか?」

相手の話を聞きながら最適なカクテルを思い浮かべる。

この人には、どんなカクテルが合うだろうか?
何を出せば喜んでもらえるだろうか?

一人一人、好みも違えばアルコールの強さも変わる。

疲れている人、悩んでいる人、泣きそうになっている人。

それぞれに合うカクテルは変わってくるからこそ、僕たちバーテンダーは、お客様のことを理解し、好みを聞き、最高の一杯を作るのだ。

だから、僕たちは初めから何も用意しない。決められたカリキュラムを作らないのだ。それぞれの子に合った、最高の一杯を作りたいから。

さぁ、今日もまたお客様がお越しになられた。中学を卒業すると料理の道に進みたいと言う。

さて、今宵はどんなカクテルお作りいたしましょうか? 

 
 
 

◆小冊子『不登校の子が劇的に変わるヒミツ』をプレゼント中◆

下記フォームでお申込みいただくと、
メールにファイルを添付し、お送りいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お住まいの都道府県 (必須)

この冊子を知ったきっかけ (必須)
ホームページブログSNS知人からの紹介LINEYoutubeその他

この冊子で得たいことや知りたいことは何でしょうか?

ご不明点等ございましたら、こちらにお願いいたします。

 
 

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

田中 洋輔

田中 洋輔

1984年 大阪生まれ 立命館大学文学部卒 中学時代は、部活に打ち込み、勉強では学年で常にトップ10以内。 しかし、中学3年生のときから学校がしんどくなり、誰とも話さなくなる。 野球選手を目指し、大阪の野球強豪校へ行ったものの、自信を失い退部。そこから学校へ行かず、河川敷で過ごす毎日をおくる。 浪人して立命館大学へ入学したものの、なにをしたいかが分からなくなり、行く意味を失う。1回生の夏から1年ほど、京都の下宿で引きこもる。 友人の支えもあり、復活。政治家の秘書やテレビ制作などのインターンをおこない、期間限定のカフェも開く。「自分のようにつらい思いをさせたくない」と思い、D.Liveを立ち上げる。 フリースクールや自信を取り戻す教室を運営。不登校に関する講演や講座もおこなっている。 京都新聞にして子育てコラムを連載中。 詳しいプロフィールはコチラから