不登校経験者が語る、『不登校のキモチ』と『不登校の子に伝えたいこと』

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

「どうして、うちの子は学校へ行けないのだろう……」
「将来、この子はどうなってしまうの?」

我が子が不登校になってしまうと、不安になりますよね。
将来も心配になるし、平日の昼間に家にいる子どもを見ていると、胸がざわざわしてしまうこともあるでしょう。

そこで、今回は不登校を経験したD.Liveの田中と山本が書いた記事をまとめました。

「不登校ってこんな気持ちなのね」
「不登校でも、心配ないのかもしれない」

不安でたまらない気持ちを抑える、少し安心してもらえたら良いなと思っております。

〈不登校について〉

不登校は「法律違反」なのか、答えは義務教育と学校教育法が教えてくれた

不登校は「法律違反」なのか、答えは義務教育と学校教育法が教えてくれた

実は、“義務教育”だからって学校へ行かないとダメってことではないのです。

大津・草津で不登校の相談ができる機関・サービスまとめ

大津・草津で不登校の相談ができる機関・サービスまとめ

滋賀県大津市・草津市内にある不登校の相談ができる場所をまとめました。
不登校の相談先が分からない人は一度ご覧になってください。

不登校の子に必要なのは、支援ではなく、ピアノの調律師かもしれない

不登校の子に必要なのは、支援ではなく、ピアノの調律師かもしれない

不登校の子にとって、必要な存在って心のチューニングをしてくれる人なのかもしれないと思うのです。

不登校の子どもは、すでに大学生だ。

不登校の子どもは、すでに大学生だ。〈昼の居場所スタート〉

不登校の時間は、大学生が過ごす時間に似ていると思うのです。

〈不登校体験記〉

不登校だった僕の高校受験体験談―高校選び失敗編 その1

不登校だった僕の高校受験体験談―高校選び失敗編 その1

中学3年間不登校だったスタッフ山本の高校デビュー編。
進学から退学までが書かれています。

##### 不登校経験者のキャリアインタビュー -上手な生き方がわからなくても、ちゃんと生きていける道を探したい-

不登校経験者のキャリアインタビュー -上手な生き方がわからなくても、ちゃんと生きていける道を探したい-

不登校は人生のキャリアにどんな影響を与えるのだろうか。

中学校の時に不登校だった経験を現役の大学生にインタビューしました。

〈不登校の原因〉

なぜ、不登校の子どもは朝起きられないのか

なぜ、不登校の子どもは朝起きられないのか

朝になっても起きてこない。
ずっと寝てばかりいる。
その原因は、“頭と身体のギャップ”にあります。

不登校になる原因は、ゴジラにある。〈僕が学校で荒れていたときのはなし〉

不登校になる原因は、ゴジラにある。〈僕が学校で荒れていたときのはなし〉

子どもが学校へ行けない理由、ご存じでしょうか?
僕自身が苦しかったときのことを赤裸々に書きました。

〈不登校の秘めた可能性〉

##### 学校へ行けなかった中学生が、懸命に勉強をするまでの物語

学校へ行けなかった中学生が、懸命に勉強をするまでの物語

たとえ学校に行けなくて、その間の学習が遅れていても必ず取り返せます。
そのことをぼくたちのフリースクールに通う生徒が教えてくれました。

不登校の子には、10円寿司が『大トロ』に化けるくらいの可能性がある。

不登校の子には、10円寿司が『大トロ』に化けるくらいの可能性がある。

僕は、不登校の子には、大きな可能性が眠っていると思っています。
しかも、その可能性はまだほとんどの人に気づかれていない。
そんな可能性を僕が見つけることができれば……
なんてことを思いながら、面談で会うのをいつも楽しみにしています。

◆小冊子『不登校の子が劇的に変わるヒミツ』をプレゼント中◆

下記フォームでお申込みいただくと、
メールにファイルを添付し、お送りいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お住まいの都道府県 (必須)

この冊子を知ったきっかけ (必須)
ホームページブログSNS知人からの紹介LINEYoutubeその他

この冊子で得たいことや知りたいことは何でしょうか?

ご不明点等ございましたら、こちらにお願いいたします。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

田中 洋輔

田中 洋輔

1984年 大阪生まれ 立命館大学文学部卒 中学時代は、部活に打ち込み、勉強では学年で常にトップ10以内。 しかし、中学3年生のときから学校がしんどくなり、誰とも話さなくなる。 野球選手を目指し、大阪の野球強豪校へ行ったものの、自信を失い退部。そこから学校へ行かず、河川敷で過ごす毎日をおくる。 浪人して立命館大学へ入学したものの、なにをしたいかが分からなくなり、行く意味を失う。1回生の夏から1年ほど、京都の下宿で引きこもる。 友人の支えもあり、復活。政治家の秘書やテレビ制作などのインターンをおこない、期間限定のカフェも開く。「自分のようにつらい思いをさせたくない」と思い、D.Liveを立ち上げる。 フリースクールや自信を取り戻す教室を運営。不登校に関する講演や講座もおこなっている。 京都新聞にして子育てコラムを連載中。 詳しいプロフィールはコチラから