高校が留年になったとき、逆に大きなチャンスなんじゃないのか?

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

最近、高校生の保護者さんからのご相談が多いです。

僕たちがおこなっている保護者向けのサークルでも、そろそろ留年が決まりそうなどといった声が出てきています。

(サークルはこちらからご覧ください!)

また近いうちに高校生の保護者向けのセミナーはやろうと思っているのですが、今日は僕が思っていることがあるので書きたいと思います。

僕たちはずっと、中学校卒業したら高校に行き、その後は大学へ進学する。

それが当たり前のように生活していました。

けれど、不登校になるとそれができなくなります。

 

高校では、出席日数が足りないと進級することができません。

その時、これからどうするのか選択を迫られます。

ほとんどの方は、転校するか留年するか。

このどちらかで迷います。

でも、僕はもっと他の選択肢があると思うのです。

海外留学も1つでしょう。

「いや、日本の学校すら満足に行けないのに海外って。。。」

 

そう思われるかもしれませんが、環境を変えると人は変わることができます。

どうしてかわからないのですが、僕は海外へ行くと人見知りがなくなります。

積極的に人と話かけるのにも躊躇しません。

ただ、妻と一緒に行くとなかなかうまく話しかけたりできないので、どうやら知っている人がいるとダメみたいです。


親から離れることで、何かが変わることもあります。


他にも、農家に住み込みで働くという手もあります。

高校には、いつでも入り直すことができます。

高卒認定試験も気が向いたときに勉強すればいいでしょう。

今の時点で元気がない。勉強の意欲が持てない。

ならば、あえて積極的に現実逃避すると言う手もあると思うのです。

ここで言いたいのは、とにかく環境を変えましょうと言う話ではありません。

広い視野で、いろんな選択肢を吟味しましょうという話です。

高校の留年が決まると言うのは、残念なニュースに思えるかもしれません。

けれど、逆に考えると、いろんな選択肢を試すチャンスでもあるのです。

僕たちが持っている以上に生き方と言うのは自由です。

大学生になると、年齢等ほとんど関係なくなります。

高校卒業し大学へ。そして就職する。

それだけが全てではありません。

就職した後で、大学へ入学することもできるでしょう。

住み込みで農業をしながら、勉強することもできます。

もっと自由に生きることができるのです。

「ワクワクするような選択肢ってなにがあるだろう?」と考えてみてください。

もしかしたら、今まで見えていなかった選択肢が見えてくるかもしれません。

細かいご相談については、ぜひLINEしてくださいね。

中学生の進路についてはnoteに詳しく書いているので、良かったらご覧ください。

ではでは!

 

 

不登校の子の高校進学 – 候補先と子どもへの提案方法-

 

 

進路選択で悩むときに活用できる実践法[講義動画]

ps

ちなみに僕は2ヶ月間、大学生の頃に北海道の帯広でずっとじゃがいもを掘っていました。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

田中 洋輔

田中 洋輔

1984年 大阪生まれ 立命館大学文学部卒 中学時代は、部活に打ち込み、勉強では学年で常にトップ10以内。 しかし、中学3年生のときから学校がしんどくなり、誰とも話さなくなる。 野球選手を目指し、大阪の野球強豪校へ行ったものの、自信を失い退部。そこから学校へ行かず、河川敷で過ごす毎日をおくる。 浪人して立命館大学へ入学したものの、なにをしたいかが分からなくなり、行く意味を失う。1回生の夏から1年ほど、京都の下宿で引きこもる。 友人の支えもあり、復活。政治家の秘書やテレビ制作などのインターンをおこない、期間限定のカフェも開く。「自分のようにつらい思いをさせたくない」と思い、D.Liveを立ち上げる。 フリースクールや自信を取り戻す教室を運営。不登校に関する講演や講座もおこなっている。 京都新聞にして子育てコラムを連載中。 詳しいプロフィールはコチラから