これからは不登校の子の時代だ。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

久しぶりにロールプレイングゲームをやったら、全然違うことに驚いた。

これまでは、コマンドを入力して、言われたとおりに進んでいく。

でも、最近はどうやら違うみたいだ。

オープンワールドと言われ、どこへでも行ける。

一応、行くところは決まっているけれど、別に守らなくてもいい。

すごい弱い状態でボスに挑むこともできる。

今の時代もまさにオープンワールド。

なんだってできるし、なにをしてもいい。

昔は、身分があった。

商人は商人になる。

武士は武士。

教育ですら分けられていた。

将来の選択肢など、ほとんどない。

家を継ぐのか、それとも武勲をあげて武士になるのか。

時代は過ぎ、大阪万博がおこなわれた1970年ごろ。

一億総中流と言われ、多くの人たちが同じような所得になった。

頑張って働く。

その一心で日本の経済を皆が回そうとしていた。

良い学校へ行き、良い大学へ進学する。

そして、良い企業に就職をして、結婚して幸せな生活を送る。

そんなテンプレートが出来上がっていった。

でも、今は違う。

大企業が潰れることも珍しくない。

中国や台湾などに買収されることもある。

今までの当たり前だったレールが当たり前ではなくなってきた。

「どうして、良い大学へ行ったらいいの?」

「それはね、幸せになれるからよ」

なんて会話はもう無理だ。

子どもですら知っている。

東大へ行こうが京大へ進学しようが、幸せになれるとは限らない。

大人は、まだこれまでの幻想を夢見ている。

「きっと良い大学へ行ったほうがいい」と思っている。

けれど、そんな時代はもうとっくに終わっている。

良い大学へ入ることが悪いとは言っていない。

ただ、これまで1本しかなかったレールは、いろんな方向に分岐し、正解が一つではなくなったのだ。

僕はこれから、不登校の子どもたちが生きやすい社会がやってくると思っている。

不登校の子たちは、みんなが歩むレールの上を走れなかった。

中にはレールに戻ることが出来る子もいるだろう。

しかし、「あそこは無理だ…」と感じる子もいる。

けれど、問題はない。

これからはオープンワールドの時代。

なにをしても生きていける。

中学生でYouTuberになることもできる。

専門学校へ行かずにイラストレーターになることも可能。

家だけで語学を学び、外国人と交流することもできる。

インターネット回線が速くなり、誰もがスマを持てるようになった現代では、これまでとまったく違った生き方が出来るようになっている。

大学へ行きたいなら行けば良い。

でも、勉強ができない、学校がしんどいなど、進学が難しいなら違う道へ進めば良い。

ボスと戦わず、ひたすらゴブリンと戦うだけの選択も可能だ。

これから、人生は100年になる。

出来ないことなんて、誰かにやってもらえばいい。

やりたいこと、出来ること、好きなことに注力して生きていく。

いやなことばかりをしていくのには、100年は長すぎる。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

田中 洋輔

田中 洋輔

1984年 大阪生まれ 立命館大学文学部卒 中学時代は、部活に打ち込み、勉強では学年で常にトップ10以内。 しかし、中学3年生のときから学校がしんどくなり、誰とも話さなくなる。 野球選手を目指し、大阪の野球強豪校へ行ったものの、自信を失い退部。そこから学校へ行かず、河川敷で過ごす毎日をおくる。 浪人して立命館大学へ入学したものの、なにをしたいかが分からなくなり、行く意味を失う。1回生の夏から1年ほど、京都の下宿で引きこもる。 友人の支えもあり、復活。政治家の秘書やテレビ制作などのインターンをおこない、期間限定のカフェも開く。「自分のようにつらい思いをさせたくない」と思い、D.Liveを立ち上げる。 フリースクールや自信を取り戻す教室を運営。不登校に関する講演や講座もおこなっている。 京都新聞にして子育てコラムを連載中。 詳しいプロフィールはコチラから