不登校の気持ちは、新型コロナ騒動から見えてくる

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

毎日のように新型コロナウイルスについて報道がされている。

学校は休校になり、在宅で仕事をする人も増えた。

いつも混雑している店がガラガラになり、電車も空いている。

トイレットペーパーがなくなり、マスクも品切れ。

デマも飛び交っている。
このコロナ騒動、人々にとってなにが一番の問題かというと、“分からない”ということだ。

ウイルス自体よく分かっておらず、どのような対策が有効かもまだ不確定。

今のところ、「手をよく洗いましょう」「換気をしっかりしよう」「人が触っているところは、あまり触らないでおきましょう」「人混みは避けましょう」くらいしかない。

少しずつ分かってきているものの、不確定な情報も多い。

「夏になれば沈静化する」などとも言われていたが、どうやらそうでもないらしい。

ヨーロッパ全土に広がり、入国禁止にする国も出てきた。

毎日のように最新のコロナニュースが報道され、どこの県で何人が感染かたかも逐一報告される。

不安は増し、「自分もかかるのではないのか」という恐怖でしんどくなってくる。

先行きは見えず、これからどうなってしまうのだろうと暗雲たる気持ちになる。

今、人々が感じている不安感は、不登校の子が抱えている気持ちと同じようなものだと僕は思う。

学校へ行けず、このままどうしよう……。
ずっと自分は引きこもってしまうのではないのか?
不安な気持ちが胸に渦巻き、気力を奪い去ってしまう。
「学校行っていなくて、気楽ね」みたいに思われることもあるけれど、そうじゃない。

不登校は、苦しい。
ただ、ただ苦しい。

でも、この苦しさは、なかなか理解されない。

保護者にすら分かってもらえないときがある。

多くの保護者さんが、不登校の子が家で楽しそうにゲームしているのを見るとイライラすると言う。

しんどいだろうという気持ちは察することが出来ても、やっぱり心のどこかで、「ガンバれよ」とか「気合いいれろよ」とか思ってしまう。

ツライ気持ち、苦しい気持ちは、どこまでいっても当事者にしか分かることは出来ないのだ。

「ストレスがたまるので、出来るだけ公園などで遊ぶようにしましょう」と、専門家の人が言っていた。

そう。家にずっといると、ストレスがたまるのだ。

不登校の子たちは、家でずっと楽しそうにしている。ヒマを満喫していると思われている。

けれど、不登校の子には、見えない檻がある。見えない鎖がある。

出たくても、なかなか出られない。

家のほうが楽しいというよりは、家が安全だから外へ出ないだけ。

選択肢がないから、家にいるのだ。

学校でイヤなことがあった。友達関係で失敗した。コミュニケーションに自信がない。

悲しい経験。失敗した過去。様々な後悔。

負の出来事、負の感情が渦巻く社会の中に入っていくのは、彼らにとって恐怖以外のなにものでもない。

まるでウイルスが蔓延している社会のように。

不登校の子たちは、現実逃避をしているように見えるだろう。逃げている。やる気が足りない。そんなふうに見られる。

たしかにそのような部分もあるかも知れない。

けれど、彼らは不安なんだ。

怖いのだ。

「感染してしまうのでは?」という不安から、人混みを避ける人々のように不安を感じている。

無理やり学校へ行かせる人がいる。
家が居心地が良いからダメなんだと言う先生がいる。

でも、それは違う。

「コロナを怖れているから感染するんだ。気合いを入れたら、そんなものにはかからない」と言っている人をみると、「いったいなにを言っているんだ?」と思うだろう。

ただ、残念ながら不登校に関しては、まだまだこういう人が少なくない。

学校へ行けない子たちは、それぞれが静かに戦っている。

誰にも理解されず、分かってもらえず、孤独に戦っているのだ。

見えない不安という敵と格闘をしている。

不安に支配され、自暴自棄になることもある。目を背けたいと思い、ゲームにのめり込むこともある。

大人として、学校へ行けない子をほおっておくことは出来ないし、心配にもなるだろう。

けれど、これだけは分かって欲しい。

彼らの敵は、不安だ。

不安に思う気持ちが、なによりの敵だ。

大人が出来ることは、子どもの不安に寄り添い、気持ちを理解してあげること。

そして、出来るだけ不安が小さくなるように、配慮をして、少しずつ不安と戦うチカラをつけていくこと。

逃げていては、いつまでたっても戦えない。かといって、いきなり強敵と戦うと心が折れてしまう。

少しずつ、少しずつ。

そうすれば、きっと希望の光が見えてくる。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

田中 洋輔

田中 洋輔

1984年 大阪生まれ 立命館大学文学部卒 中学時代は、部活に打ち込み、勉強では学年で常にトップ10以内。 しかし、中学3年生のときから学校がしんどくなり、誰とも話さなくなる。 野球選手を目指し、大阪の野球強豪校へ行ったものの、自信を失い退部。そこから学校へ行かず、河川敷で過ごす毎日をおくる。 浪人して立命館大学へ入学したものの、なにをしたいかが分からなくなり、行く意味を失う。1回生の夏から1年ほど、京都の下宿で引きこもる。 友人の支えもあり、復活。政治家の秘書やテレビ制作などのインターンをおこない、期間限定のカフェも開く。「自分のようにつらい思いをさせたくない」と思い、D.Liveを立ち上げる。 フリースクールや自信を取り戻す教室を運営。不登校に関する講演や講座もおこなっている。 京都新聞にして子育てコラムを連載中。 詳しいプロフィールはコチラから