<昼TRY部徒然日記> マインクラフト大会を開催しました!

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

こんにちは。

D.Liveスタッフの得津です。

 

D.Liveが運営するフリースクール昼TRY部で、先日マインクラフト大会が開かれました。

 

「マインクラフト」とは、サンドボックス(砂場のように自由に遊べる)型の「冒険・ものづくりゲーム」。全世界の総プレイヤー数は、なんと一億人以上!自由につくる!大冒険する!みんなでバトル!全てがあなたの思い通りになる「マインクラフト」の自由な世界へようこそ!(マインクラフト公式HPより抜粋)

 

私もプレイしたことがないのですが、自由に建物を作ったり、相手が作った建物で冒険したりバトルしたりすることができるようです。(違っていたらごめんなさい。もしお子さんがされていたら、一度聞いてみるのがマインクラフト理解には確実かと)

 

昼TRY部では、誰かとバトルをするのではなく、建築の出来栄えで優秀賞を選ぶコンテスト形式で大会を行いました。

 

<生徒たちと話し合って決めた大会のきまり>

・大会出場はやりたい人だけ

・優秀賞に選ばれた生徒には500円以内の美味しいお菓子を代表の田中から贈呈!

・作るのは外観だけでもいい

・他の作品を参考にするのはいいけど、パクリはダメ(巨大な建築物に限り再現してもいい)

・作成期間は3週間ほど

 

 

フリースクールの時間にコツコツと作っている生徒や、チームを組んで作っている生徒。

家でじっくり取り組む生徒など、大会出場者はそれぞれのやり方で建築に取り組んでいました。

代表の田中も生徒の一人とチームを組んで作成していました。

 

 

そして、いよいよ発表の日!

一人ひとりが作品をモニターに出して作成したものを説明します。

 

 

 

 

まるで高級ホテルのような建物や、図書館風の洋館、配色がキレイなお城など。

外観だけでもいいというルールでしたが、みんな内装も仕上げており、大会へのこだわりが伺えました。

 

 

 

 

 

ちなみに代表田中チームは「監獄風ホテル」を作りました。

 

外壁は全面ガラスタイルで仕上げ、中の様子が丸見え。

部屋のベットはマグマの上にあるという、なんともよく分からない独特の世界観でみんなのひんしゅくを買っていました(笑)

 

 

作品のプレゼンが終わると、その場にいた全員で優秀賞の投票です。

なんと途中まで接戦で、監獄風ホテルも含めて誰が優勝するか分からない状況でしたが、優秀賞は高級ホテルとお城を作ったチームに決まりました。

後日、500円以内のお菓子が渡される予定です。

 

 

マインクラフト。これまで生徒がプレイしているのをこそっと見ている程度でしたが、今回の大会でマインクラフトの奥深さを感じました。いくつものサイトでマインクラフトがプログラミング教育に役立つと書かれていますが、それも納得です。

 

もともと昼TRY部に来ていない日に家で出来ることを増やそうという趣旨で始めたマインクラフト大会でしたが、出来栄えを見るにつけ、エントリーした生徒たちはこちらが思っている以上に家で作成に取り組んでいたようです。

 

さっそく第2回マインクラフト大会を希望する声もあるので、またこのような機会を作ろうと思います。

 

 

昼TRY部では新年度の生徒を募集してます。

面談や体験、教室の詳細はこちらから

 

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

得津 秀頼

得津 秀頼

D.Live副理事/元小学校教員 自分に自信が持てない、自分を好きになれない、そんな人が自分を好きになり前向きにチャレンジできる社会を創るためにD.Liveを立ち上げた。 自尊感情に関心が高く、D.Live内では主に自尊感情に関する事業を担当。