【2019年】D.Liveブログで読まれた記事10選

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

こんにちは。NPO法人D.Liveの山本です。

2019年もいよいよ残り12時間を切りました。個人的にも団体としてもいろいろあった2019年、最後を締めくくる投稿は毎年恒例の「読まれた記事ランキング」をお届けします。

2019年にD.Liveスタッフが投稿した記事のうち、不登校のおはなし会などのイベント告知記事をのぞいたコラムのなかから今年アクセス数が多かった記事を10記事ご紹介します。では、第10位から!

10. マズローの5段階欲求説が教えてくれる不登校支援や解決のポイント

マズローの5段階欲求説が教えてくれる不登校支援や解決のポイント

9. 中学生のとき、悩みを一人で抱えて爆発した話。

中学生のとき、悩みを一人で抱えて爆発した話。

8. 【子どもと関わる立場を志す人に読んでほしい】子どもがキツい言葉で接してくるとき、その子は何を思っているのか

【子どもと関わる立場を志す人に読んでほしい】子どもがキツい言葉で接してくるとき、その子は何を思っているのか

7. 【保護者向け】子どもの不登校について初めて学校の先生と面談するときに知っておきたい7つのこと+1

【保護者向け】子どもの不登校について初めて学校の先生と面談するときに知っておきたい7つのこと+1

6. 不登校のとき、先生にしてもらって嬉しかったこと

不登校のとき、先生にしてもらって嬉しかったこと

5. 不登校の子どもの家庭学習「ホームエデュケーション」って、実際のところ何をしているのだろう

不登校の子どもの家庭学習「ホームエデュケーション」って、実際のところ何をしているのだろう

4. 自分が「敏感すぎる特質」で良かった―「HSPと天職」に関するインタビューを受けてきました

自分が「敏感すぎる特質」で良かった―「HSPと天職」に関するインタビューを受けてきました

3. 不登校の子が1年後、海外留学する未来もあると思う。

不登校の子が1年後、海外留学する未来もあると思う。

2. ふざけている生徒にキレたあと、僕はハッキリ「 #学校ムリかも 」と自覚した

ふざけている生徒にキレたあと、僕はハッキリ「 #学校ムリかも 」と自覚した

1. 不登校の子どもを新年度から担任することになった先生が知っておきたい8つのこと

不登校の子どもを新年度から担任することになった先生が知っておきたい8つのこと

まとめ

D.Liveブログの不登校にまつわる記事は、主に不登校のお子さんをお持ちの保護者の方向けに書いているものが多いのですが、たまに保護者の枠を超えて、たとえば学校の先生であったり教育関係者向けにお届けしたいコラムというのもまたそれなりにあります。

2019年、一番読まれた記事はその「学校の先生」向けに書かれたものとなりました。

これはまさしく、学校の先生も不登校のことを「知りたい」という証左であると思います。

2020年も、より広範囲に、そして不登校や子育てのことを知りたいと考えるたくさんの人々に、コラムを届けていこうと考えています。どうぞ来年もお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

それでは、良いお年を!

2018年のランキングはこちらから!

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

山本 駿

山本 駿

子どものころより人一倍敏感な特性を持ち、中学3年間を不登校で過ごす。大学卒業後、不登校ボランティアを経て2014年よりD.Liveに参画し、現在は通信制高校教員を両立しながらTRY部や不登校講演事業を中心に担当。HSP(Highly Sensitive Person)特有の繊細さを活かし、今を生きる子どもたちの先生でも友達でもない「ナナメの関係」になることを目指しています。