不登校の解体新書をつくりたい。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

フリースクールを始める前のこと。

まだ、不登校のことについてやっていないときのこと。

不登校については、誰かが活動をやっていて、解決策なんかもしっかり出来ているものだと思っていた。

けど、不登校の仕事をはじめてみて、それは勘違いだと気がついた。

フリースクールは足りていないし、参考になる本や専門家も少ない。

「なにもない」と言ってもいいくらい、分からないことだらけだった。

子どもと接しながら、自分なりに理論をつくってきた。

最初は、「自分たちだけかな」と思っていたけれど、講演や講座をして、「うまくいきました」と言った声をきくようになってきた。

不登校で悩んでいる親子を減らしたいという一心で、全国で講演。

不登校連続講座の参加者は、2年で100名近くになった。

YouTubeもはじめて、「なんとか少しでも……」と思ってやってきた。

毎日のようにくる相談メール。

フリースクールは、どんどん生徒が増えている。

でも、このままじゃダメだと思う。

頼ってきてもらえるのは有難いけれど、いくらガンバったところで僕なんかたかがしれている。

不登校相談の掲示板をのぞくと、「え? まだここで悩んでいるのか?」と思ってしまうことがある。

もったいない。

知っていれば、ほとんどの悩みを解決することができる。

でも、知らないからどうしたらいいかで困り、悩む。

なにが分からないかも分からない。

どうしていけばいいかも分からない。

みんな分からないから、「とりあえず、見守りましょう」なんていうあやふやな応えしかもらえないのだ。

なんとかできないのか?

なにができるか?

アタマの中にある知識を検索したとき、「杉田玄白」という言葉にヒットした。

「そうだ! 解体新書だ」と思った。

不登校の解体新書をつくれば、みんなが分かるようになるんじゃないのか、と。

江戸時代。

鎖国の影響もあり、人体についてよく分かっていなかった。どんな臓器があるのか。どのようになっているのか。

そんな状況のときに、人体について詳しく書いた本『ターヘルアナトミア』を手に入れた杉田玄白は、前野良沢と一緒に翻訳をはじめた。

そもそも日本にない言葉もある。

それでも、彼らは一文一文を翻訳していった。

江戸が大火事になって混乱しているときでも、手を止めることはなかった。

彼らのような大事業が出来るわけじゃない。

でも、どんな人でも不登校のことについて、ちゃんと理解できるようにしていきたいと思った。

分かるだけでも、多くの人が必要以上に悩まなくて済む。

「分かること」「知ること」が重要なんだ。

そんな、「分かる」ものを作りたい。

そう思って作業を始めた。

悩みを分析し、なにが分かればいいのか。なにを知っていればいいのか。

前を向いている人とずっと悩んでいる人ではなにが違うのか。

比較し、キーポイントを探していく。

ややこしいものじゃない。

見て、簡単に分かる。

誰でもとっつきやすい。

そんなものを作りたい。

年が明けたときには、プロトタイプといえる試作版ができているように、取り組んでいる。

為すべきは人にあり。成るべきは天にあり

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

田中 洋輔

田中 洋輔

1984年 大阪生まれ 立命館大学文学部卒 中学時代は、部活に打ち込み、勉強では学年で常にトップ10以内。 しかし、中学3年生のときから学校がしんどくなり、誰とも話さなくなる。 野球選手を目指し、大阪の野球強豪校へ行ったものの、自信を失い退部。そこから学校へ行かず、河川敷で過ごす毎日をおくる。 浪人して立命館大学へ入学したものの、なにをしたいかが分からなくなり、行く意味を失う。1回生の夏から1年ほど、京都の下宿で引きこもる。 友人の支えもあり、復活。政治家の秘書やテレビ制作などのインターンをおこない、期間限定のカフェも開く。「自分のようにつらい思いをさせたくない」と思い、D.Liveを立ち上げる。 フリースクールや自信を取り戻す教室を運営。不登校に関する講演や講座もおこなっている。 京都新聞にして子育てコラムを連載中。 詳しいプロフィールはコチラから