不登校の具体的な戦略が学べるどこにもないマガジン、つくりました。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

「どうすれば、不登校のことで悩んでいる人たちが減るのだろう?」と毎日のように考えています。

講演や講座だけでは限りがあるなぁと思って、Youtubeを始めました。

LINEで出来るだけ相談にも乗るようにもしています。

他にもっと良い情報やサービスはないかなぁといろいろ調べてみると、1つのことに気がついたのです。

ほとんどの情報が、“心がけ”とか“不登校とはなにか?”なのです。

いや、いいんですよ。大事ですからね。

でもね、ある程度子どもが落ち着いてきて、元気になってきたときに悩むのが、「どうするか?」なのです。

不登校って、単純に不便なんですよね。

手足を縛られたまま外へ出かけるようなもので、いろいろ困ることが出てきます。

「学校行かなくていい」と言ったところで、「じゃあ、勉強はどうすればいいの?」となります。

「あたたかく見守りましょう」と言われたところで、「いつまで見守っていればいいの?」と思います。

結局のところ、不登校って「あとは、親がガンバれ!」みたいになるのです。

親御さんが持っているリソース(知識、経験、情報、人脈、知恵)だけが勝負のカギになっています。

これってあまりにも、ひどくないですか?

負担が大きすぎます。

文科省は、「不登校は、問題行動ではない」と言います。

でも、「じゃあ、どうすればいいの?」と思うのです。

フリースクールは、まだまだ少ない。

不登校の理解もまだまだ「進んでいる」とは言いがたい。

もうね、完全にアフェーの中で、戦うしかないのです。

だからこそ、保護者のかたがた一人一人が知識や情報を得て、やっていくしかないなと思っています。

「フリースクールが足りない」

「文科省が悪い」

「今の教育制度は遅れている」

嘆いたところで、スグにどうにかなるわけではありません。

もちろん、僕たちNPOとしては、この状況をなんとかしようと思っています。

けれど、その間にも困り、悩んでいる人たちはたくさんいるわけですよね。

そこで、今、社会に足りていない不登校の情報や知識、知恵を出来るだけ伝えていこうと決めました。

noteというサービスを使って、不登校の戦略を書いています。

具体的になにをすればいいのか。

今、なにが出来るのか。

徹底的に活用できるように書いています。

さながらワークブックです。

「どうしていいか分からない」

「なにをしたらいいの」と悩んでいるかたに届けたいと思って、記事を書いています。

進学のことや父親としてどんなことが出来るかの記事もあります。

これからもどんどん記事を書いていきます。

週に2回、火曜日と金曜日に更新予定です。

「これ、やってみよう!」と思える、超実践的な記事ばかりです。

「本当に学びたい」と思っていただけるかたに読んでいただきたいと思い、あえて有料で書いています。

定期購読マガジンで、読み放題のプランもあります。

雑誌1冊くらいの価格で、不登校の具体的な戦略、関わり方が学べます。

「なにをしたらいいか分からない……」という悩みから解放されるでしょう。

「こんな記事を書いて欲しい」というご要望があれば、どんどん書いていきます。

今までの経験と学んできたことをすべて詰めこんで書いているので、きっとご満足いただけると思います。

ぜひ、ご覧ください。

『定期購読マガジン 不登校 まなびの場』

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

田中 洋輔

田中 洋輔

1984年 大阪生まれ 立命館大学文学部卒 中学時代は、部活に打ち込み、勉強では学年で常にトップ10以内。 しかし、中学3年生のときから学校がしんどくなり、誰とも話さなくなる。 野球選手を目指し、大阪の野球強豪校へ行ったものの、自信を失い退部。そこから学校へ行かず、河川敷で過ごす毎日をおくる。 浪人して立命館大学へ入学したものの、なにをしたいかが分からなくなり、行く意味を失う。1回生の夏から1年ほど、京都の下宿で引きこもる。 友人の支えもあり、復活。政治家の秘書やテレビ制作などのインターンをおこない、期間限定のカフェも開く。「自分のようにつらい思いをさせたくない」と思い、D.Liveを立ち上げる。 フリースクールや自信を取り戻す教室を運営。不登校に関する講演や講座もおこなっている。 京都新聞にして子育てコラムを連載中。 詳しいプロフィールはコチラから