バースデードネーション、目標金額を達成いたしました!!![御礼]

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

ここは、もうホンネで語ろう。
取り繕っても仕方がない。

「バースデードネーションなんて集まるわけがない」と思っていた。

Youtubeで動画を投稿するようになって、編集や収録の作業時間がどんどん増えていった。

動画を見てくれる人も増えてきて、「動画を見ました」と言って問い合わせてくださるかたもいる。

「こんな内容について教えてください」「ここで悩んでいます」という声をいただき、動画として撮る。

編集して、投稿する。

言葉にするとなんて単純なって思われるけれど、ちょっと待って欲しい。

いや、別に苦労自慢したいわけじゃないけれど、動画投稿は、なかなか大変だ。

まず、収録するときのセッティングが必要で、ライトを準備したり、静かなところへ行ってカメラをまわさないといけない。

服装や身だしなみにも一応、気をつかう。

銀行の面接に柄シャツ&ノーネクタイで挑んだ僕ですら、ちょっとは気をつかう。

そして、動画が撮れたら、編集作業。

「え〜」とか「まぁそのぉ〜」とか、ムダな部分、噛んでしまったところをカットする。

自分で自分の映像を見ながら、ひたすらパソコンと向き合い、作業をしている。

そうやって、黙々と作業をして完成データができる。

ただ、問題はここからだ。

レンダリングと言われる作業がある。

テロップを入れたり、BGMを乗せたデータを1つにする作業。

これが時間かかる。

以前、自分のパソコンでやっていたときは、10分の動画をレンダリングするのに数時間くらいかかっていた。

もうそれくらい大変。

しかも、その間、パソコンは全力で仕事をしているので、熱くなるわ、ファンがぶんぶんまわって、超うるさい。

なんとかレンダリングが終わっても、その後でデータの書き出しが待っている。

下書きしたものを製本するイメージ。

データを完成版として完成させる。

この作業もまた、なかなかに時間がかかる。
ここまで読んでいただければ分かるように、動画編集とはなかなか骨が折れる作業なのだ。

なにより、パソコンへの負荷が尋常ではない。

一般的に売られているパソコンでは、どうしても太刀打ちできない。

そこで、どうにかして編集用のパソコンを手に入れたいと思った。

なにか方法がないのか……。

そうやって考えたときに、思いついたのが「バースデードネーション」だった。
ちょうど、自分が誕生日を迎えたこともあり、「この方法は使える」と思った。

けれど、だ。

使えたとしても、いったい誰が「パソコンが欲しい」と言って、寄付をしてくれるのだろう?

「パソコンちょうだい」と言っても、「いや、自分で買えよ」と思われるだろうと思った。

う〜ん、どうなんだろう……と、思ったので、相談することにした。

寄付に関して担当している得津に、「こうこうこうで、あれあれやねんけれど、どうだろう?」と。

すると、「まぁ、ええんちゃいます?」と、なんともあっさりした答えが返ってきた。

「やってみなはれ」みたいな感じで言われた。

「アリだと思う」とお墨付きをもらったので、早速ページ作りに取りかかる。

と言っても、そんなに難しいことはなく、30分ほどでページは完成した。

正直に言おう。

この作業をしているときでさえ、僕は「きっと集まらないだろう」と思っていた。

誕生日だろうがなんだろうが、「誰が寄付をしようと思うんだ?」 と思い、ほとんど期待はしていなかった。

パソコン獲得は、また違う方法を考えよう。

そんなふうに思いながら、ページを作っていた。

「タイトルが必要です」と、バースデードネーションのサイトに言われたので、ちょっと考えて、こんなふうにした。

【田中の誕生日に動画編集のパソコンを!】
いや、もうふざけている。

今、見返しても、「いやいや……」と思う。

もうこれは、「Give me a Chocolate」みたいな感じだ。

「パソコンが欲しい」ともう切実に書かれている。

ページを作っているとき、「どうせ無理ならば、もう開き直ってやろう」と思い、感情をそのままむき出しにして、タイトルを作った。

目論見も戦術も戦略もなにもない。

ただ、「パソコン欲しいですぅぅぅぅぅぅ」ってキモチをそのままタイトルにしてしまった。

何度も言う。

バースデードネーションなんてうまくいくわけがないと思っていた。

でも、実際に困っていて、なんとしてもパソコンが欲しいかったのは事実だ。

だから、恥も外聞も捨てて、ほとんど可能性がないと思ったバースデードネーションを始めた。

しかも間が悪いことに、その数日後から僕は家族の用事で海外へ行くことになっており、バースデードネーションに関することがほとんど出来なかった。

しかし、だ。

始めてみると、少しずつ支援してくれる人が現れた。

今まで講座に来てくれた人。生徒の保護者。SNSで声をかけてくれる人。

中には、これまでまったく面識のない人もいた。

「もしかして、ほんとにいけるかもしれない……」

そう思って浮き足だったものの、だんだん勢いは鈍化していき、目標の数字までは達成することが出来なかった。

とは言っても、目標金額の78%まで到達して、59名もの方々にご支援をいただいた。

「無理だ」と思っていたことから考えると、充分過ぎる。

とても、とてもありがたい。

でも、人間は浅ましく、「イケるかも!?」と思ってしまうと、なんだかとても惜しい気になってしまうから悲しい。

ネットで検索して、「安いパーツをそろえたら、パソコンを買えるだろうか?」と、いろいろ考えた。

「残りのお金をどうしようか……」と思った。

「性能を下げて、買う?」
「残りは、なんとか活動資金から捻出する?」

どうしようかと考えながら、週が明けた。

バースデードネーションのサイトには、銀行口座も書いていたので、「もしかしたら、入金されているかも?」という淡い期待を持ち、銀行へ行って記帳をした。

すると、機械のジリジリ音がいつまでも止まらなかった。

「ん?」

一瞬、「故障かもしれない」と思った。

もう一方、「もしかしたら?」とも思った。

機械から出てきた通帳を見て、ぎっしり印字されていることにびっくりした。

たくさんのかたから、銀行振り込みというかたちで、ご支援をいただいていた。

「うわっ!」

それからも、手渡しやお振り込みなどでバースデードネーションをいただき、結果、目標を達成することができた。
もう、ほんとにありがたいなぁと思う。

「パソコンが欲しい」と言ったら、たくさんの人が「田中にパソコンを!」と思い、寄付をしてくれた。

ありがたいし、感謝の気持ちしかない。

このお礼は、これから動画をどんどん作って還元していくしかない。
がんばろう!

と、思ったのだけれど、その一方で、どうしてこんなに集まったのだろう? と疑問にも思った。

結果、84名もの方々にご支援をいただいた。

84人の血と汗の結晶により、僕はパソコンをゲットすることが出来るのだ。

どうして?

なぜ、寄付をしてくれたのだろうか?

そんなことを思っていて、直接手渡してくれた人に聞いてみた。

「どうしてなんですか?」と。

すると、「LINEですぐ悩みを回答してくれるじゃないですか? 普段、カウンセリングなどをどこかにお願いしても、スグに予約がとれるわけじゃない。だから、LINEでスグ返事をもらえるのは、ほんとうにありがたいのです」と。

他のかたは、「Youtubeの動画を何度も何度も見ています。動画を見ることで、元気になれるのです。このままで大丈夫だなって思えました」とも言ってくれた。
僕たちは、ほんとうに当たり前ことしかしていない。

当たり前とはなにか?

困っている人に手を差し伸べるってこと。
喉が渇いて苦しむ人に水を飲ませるように、必要な情報を、必要な人に届けようと活動をしているだけだ。

僕たちは、非営利団体なので、どんな人からもお金を取ろうとは考えていない。

活動資金は必要だけれど、バシバシ稼ぐぜなんて思っていなくて、LINEもYoutubeも無料で運営している。

そうやって、取り組んでいた活動が、ちゃんと届けたい人、欲しいと思っている人たちに届けられているんだろう。

だからこそ、こうやって「パソコンください」というお願いにも、たくさんの方々に応えてもらうことが出来たんだ。

キングコングの西野さんが、「クラウドファンディングは、信用の現金化」だと言っていた。

僕たちは、少なくとも84人の方々が「信用できるぞ!」と思ってくれて、お金を僕たちに与えてくれた。

支援してもらえたことも嬉しい。パソコンが買えるのも嬉しい。

でも、それ以上に僕たちがコツコツとやってきたことが、ちゃんと「合っているよ」と言ってもらえたような気がするのが、なによりも嬉しい。

間違っていないなと、と思うことができた。

これまで、ほんとうに試行錯誤でここまできた。

団体を立ち上げて5年くらいは食っていくことが出来なくて、僕はカフェやコンビニでバイトをしていた。

「いつになったら、バイトが辞められるんだろう」と暗雲たるキモチになりながら、団体を運営してきた。

パソコンを手に入れたことで、きっと僕たちはもっと強くなる。早くなる。

それは、パソコンがあるからという物理的な意味だけではない。

「これで合っているんだ」と思えたことにより、これまで以上に今の活動を充実させていくことができる。

どんどん動画を作っていくし、たくさんブログ記事も書く。

講演も増やすし、講座もどんどんやっていこう。

まだ、僕たちが出会っていない、僕たちを待っている人たちがきっといる。

僕たちの冒険はまだ、始まったばかりだ。

さぁ、どんどんいこう!

 

 

ご支援、ご協力ありがとうございました!!!
バースデードネーションにご協力いただいた皆様、ほんとうにありがとうございました。ここに書いたように、本当に集まるとは思ってもいませんでした。 けれど、ありがたいことにたくさんのご支援をいただき、目標を達成することができました。お金で支援していただいた方。記事のシェアや拡散などのご協力いただいたかた。お手紙をくださった方。 みなさん、ほんとうにありがとうございました。 最終的に、支援者 84人。総額 327,500円ものお金が集まりました。 このお金は、パソコン購入費用に使わせていただきます。 そして、残った資金につきましては、フリースクールのタブレット費用として使わせていただきます。 また、今後の経過なども報告させていただきますね。 みなさま、本当にありがとうございました。

 

D.Liveでは、マンスリーサポーターも募集しております。

「活動を応援したい」「支援したい!」というかたは、ぜひこちらもよろしくお願いいたします。

詳しくはこちらから

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

田中 洋輔

田中 洋輔

1984年 大阪生まれ 立命館大学文学部卒 中学時代は、部活に打ち込み、勉強では学年で常にトップ10以内。 しかし、中学3年生のときから学校がしんどくなり、誰とも話さなくなる。 野球選手を目指し、大阪の野球強豪校へ行ったものの、自信を失い退部。そこから学校へ行かず、河川敷で過ごす毎日をおくる。 浪人して立命館大学へ入学したものの、なにをしたいかが分からなくなり、行く意味を失う。1回生の夏から1年ほど、京都の下宿で引きこもる。 友人の支えもあり、復活。政治家の秘書やテレビ制作などのインターンをおこない、期間限定のカフェも開く。「自分のようにつらい思いをさせたくない」と思い、D.Liveを立ち上げる。 フリースクールや自信を取り戻す教室を運営。不登校に関する講演や講座もおこなっている。 京都新聞にして子育てコラムを連載中。 詳しいプロフィールはコチラから