不登校の保護者が詐欺に遭うような社会を許していいのだろうか?

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

「え? そうなんですか?」

東京のイベントが終わり、関東の不登校事情を聞いていたときのこと。

「詐欺とか多いんです」

聞いてびっくりした。

関西では、まだまだ不登校に関する講座とかは少なくて、親の会くらい。

なのに、東京では、そうやってなんだかきな臭い人たちが、「不登校は金になるぞ」と思って、保護者の方々からお金をむしりとっているらしい。

「まじかよ……」と思った。

不登校に関する仕事をしていて、情報が少ないなぁとは思っていた。
参考になる本もほとんどなくて、講座やイベントもない。

困っている人たちはたくさんいるはずなるに、情報がない。
そんなことを思っていたときに、こういった残念なニュースを聞いて、悔しいなと思った。

不登校に関して伝えられることを僕は持っている。
自分自身も不登校を経験しているし、日々、不登校の子たちと会っている。

なんでも分かっているわけじゃないけれど、毎日のように試行錯誤をして、うまくいく方法も少しずつ分かってきた。

講演や僕たちのイベントで伝えていたけれど、「それでは足りないな」と思った。

全国から「どうしたらいいでしょう?」という相談をいただき、「近くだったら講演に行きたいのに……」というメールが何通も届いていた。

「やるか……

ずっとやろうかどうか迷っていた。
それほど時間があるわけでもない。
きっとお金にもならないだろう。
結果に繋がるのにも時間がかかるかもしれない。

でも、困っている人たちがいて、騙されて泣いている人たちもいる。

ならば、やるしかないだろう。

そう思い、Youtubeを始めた。

視聴回数が3桁にすら届かず、ほとんど再生されないこともあった。

メントスコーラやアルミホイルを棒でたたくといったYoutuberみたいなこともせず、ただ、真面目に、コツコツと不登校に関する動画をアップしていった。

すると、少しずつ、少しずつだけど、反応が出てきた。

LINE@でおこなっていた無料相談も、次第にメッセージが来るようになっていった。

まだ、チャンネル登録者数は389人で、たくさん見られた動画も4734再生回数くらい。

けれど、動画を見た人が「ここで動画を見て、不登校でも大丈夫だって思えました」とか「見ることで気持ちが落ち着きました」ってことを言ってもらえて、

心の底から「やって良かった」と思った。

まだまだ、全国に不登校で悩んでいる人たちがいる。

困っている人たちがいる。

時間がなくてブログすら読めない。

遠くて講座や講演会に参加できない。

そんな人たちでも、Youtubeなら無料で見られる。家で見ることができる。

家事の最中に音だけ聞くこともできる。

僕たちにとってお金にはならない。

でも、そんなことは大した問題じゃない。

困っている人たちがいる。

そして、僕たちが役に立てることがある。

ならば、やることは一つだけだ。

お腹をすかせた子に顔を差し出すアンパンマンのように、僕は自分たちが知っていること、

学んだこと、気がついたことを余すことなく伝えていきたい。

届けていきたい。

そのために、普段はお願いしたり、人に頼るのが苦手だけれど、バースデードネーションを始めた。

僕には、届けたい人たちがいる。

その人たちのためには、「恥ずかしい」とか「遠慮」とか、そんなことは言っていられない。

まだ見ぬ、不登校で悩んでいる人たちへ。

僕は、これからも動画を届けていきたい。

 

〈バースデードネーションのお願い〉

詳しくは、こちらのサイトから

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

田中 洋輔

田中 洋輔

1984年 大阪生まれ 立命館大学文学部卒 中学時代は、部活に打ち込み、勉強では学年で常にトップ10以内。 しかし、中学3年生のときから学校がしんどくなり、誰とも話さなくなる。 野球選手を目指し、大阪の野球強豪校へ行ったものの、自信を失い退部。そこから学校へ行かず、河川敷で過ごす毎日をおくる。 浪人して立命館大学へ入学したものの、なにをしたいかが分からなくなり、行く意味を失う。1回生の夏から1年ほど、京都の下宿で引きこもる。 友人の支えもあり、復活。政治家の秘書やテレビ制作などのインターンをおこない、期間限定のカフェも開く。「自分のようにつらい思いをさせたくない」と思い、D.Liveを立ち上げる。 フリースクールや自信を取り戻す教室を運営。不登校に関する講演や講座もおこなっている。 京都新聞にして子育てコラムを連載中。 詳しいプロフィールはコチラから