不登校のことで泣いていた親が笑顔で語れるようになった理由

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

ここまで変わるのかと思った。

僕と同じグループで話す女性は、笑いながら、明るく自分の話をしている。

数ヶ月前、「どうしたらいいか……」と涙ぐみながら相談していた人とは思えない表情をしていた。

僕たちが定期的におこっなっている不登校のお話会。

そこでの会話を聞いていて、僕は人の成長ってすごいなとあらためて感心をした。

1月に『よく分かる不登校』の講演会へ参加したときには、しんどそうに、「どうしよう?」と救いを求めるような顔をして、来ていた。

将来の見通しがつかず、どうすればいいのかと、悩んでいた。

けれど、今は違う。

「いやぁ、私の関わりかたがダメだったと思うんですよー。ハッハッハ」と、笑顔で話している。

その顔からは、数ヶ月前には悲壮感を漂わせながら、悩んでいた人だとは誰も分からないほどだった。

子どもの状況が劇的に変わったということではない。

悩みもつきないだろう。

日々の中で、どうしたらいいか迷うこともたくさんあると思う。

けれど、暗闇の中でどうしようかと、もがいていた彼女はもういない。

今は、笑顔で前を向き、現実と戦っている。
ある参加者の人は、他の保護者にアドバイスをしていた。

「こういう場合は、このように考えるといいですよ。この方法、使えますよ」と。
3ヶ月ほどで、人はこんなに変わるのかぁと思い、驚くとともに、僕はとても嬉しかった。

なによりも、みんなが前を向いて、毎日子どもたちと関わっていることに誇らしさを感じた。

彼女たちはみんな、1月からスタートした『不登校連続講座(3期)』に参加していた人たちだ。

6回の講座を受け、不登校について、子どもとの関わり方について学んでいく。

その中で、どうするかを知り、実際に日々の中で実践していく。

スグにマスターして、簡単にできるようになる人たちはもちろんいない。

みんな試行錯誤しながら、どうしようと迷い、戸惑いながら取り組んでいく。

「どうやってる?」
「どうすれば、上手くなるかな?」

参加者同士で、相談もして、意見交換をおこない、切磋琢磨して成長していく。

さながら学校のゼミのように、みんなで協力しながら、出来ることを増やしていった。

週末に、6月から始まる連続講座(4期)の説明会をおこなった。

そこへ、3期に参加していた人たち4人が来てくれて、どんな変化があったのかを語ってくれた。

「子どもが修学旅行へ行くか迷っているとき、ここで学んだこんな方法がうまくいきました」とか「子どもとの声かけの方法が変わりました」など、具体的なこともたくさん話してくれた。

けれど、僕にとって印象的だったのが、みんな一様に前を向いているってこと。

「いやぁ、このあたりがうまくできないんですよー」というネガティブな話もあったけれど、決して悲観的ではなかった。

まるでモンスターに立ち向かう勇者のように力強い背中をしていた。

連続講座は、光る勇者の剣みたいだなと思う。

これまでは、武器をもたず、よく分からない”不登校”というモンスターと立ち向かっていた。

暗闇の中、いったいどこに敵がいるのかも分からない。

気がつけば、後ろから攻撃をされる。

戸惑い、苦しみ、もがく。

でも、どうすればこの強大なモンスターと戦えばいいか分からない。

人は、状況が分からず、自分でコントールできないとストレスを感じる。

暗闇の中で、どちらが前かも分からず、どこに敵が潜んでいるのかが分からない状況は恐怖でしかない。

この先、どうなってしまうのだろう……。
なにが起こるのだろうか……。

戦々恐々とする日々。

でも、光る剣を持てば、敵がどこにいるか分かる。

位置さえ把握できれば、戦うことができる。

ただ、位置が分かっていても武器を持っていないと、相手に挑むことはできない。

ひたすら逃げ惑うことしかできない。

けれど、剣を持つことで、どれだけ強大なモンスターであっても、戦うことができる。

「怖いな……」
「勝てるかな……」

不安に思ったときに力になってくれるのが、一緒に講座を受けた仲間だ。

「私は、こんな方法でやってみたよ」
「こうしたらうまくいくかも?」

仲間が背中を押してくれる。
仲間が震える肩を抱きしめてくれる。

6回の講座を通して、みんなすごく仲良くなっていく。

今でも、みんなでランチ会をしたり、一緒に山登りなんかにも行っている。

子育ては、孤独な戦いだ。

イヤになることもある。不安になることもある。
自己嫌悪におちいるときもある。

それでも、明日は、やってくる。
子どもと向き合わないといけない日々だ。

子どもが不登校になると、先の見通しがない中で、「この時間が永遠に続くのではないのか?」と思うほどの孤独を感じることがある。

そんなときに必要なのが、戦える武器と仲間だ。

僕たちがフリースクールや不登校の子と関わっていった中で、「こうしたらうまくいく」という秘伝の技を講座では伝えていく。

講座は、さながら技の伝授をする時間だ。

子どもによってタイプも違うので、たくさんの秘技を伝える。

すべて、僕たちが実践の中で会得した技ばかりだ。

そうやって技を習得していきながら、剣を磨く。

3ヶ月が経つ頃には、強大なモンスターと戦える武器に仕上がっている。

もちろん、講座が終わっても戦いは続く。

けれど、不安でどうしようか悩んでいた姿はもうそこにはない。

武器は、得た。

あとは、実践の中で試行錯誤しながら、取り組んでいくだけ。
先日、講座の参加者からメールがきた。

「うまくいかないこともあります。出来なくて落ち込むこともあります。
でも、反省はしません。出来ることを1つ1つやっていきます。出来るようにガンバってみます」と。

僕たちは、不登校で悩み、どうしたらいいか分からず苦しんでいる人たち。
親としてなんとかしたいと思っている方々に、武器を渡したい。
 

【参加者募集中】不登校連続講座 in 大阪

 

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

田中 洋輔

田中 洋輔

1984年 大阪生まれ 立命館大学文学部卒 中学時代は、部活に打ち込み、勉強では学年で常にトップ10以内。 しかし、中学3年生のときから学校がしんどくなり、誰とも話さなくなる。 野球選手を目指し、大阪の野球強豪校へ行ったものの、自信を失い退部。そこから学校へ行かず、河川敷で過ごす毎日をおくる。 浪人して立命館大学へ入学したものの、なにをしたいかが分からなくなり、行く意味を失う。1回生の夏から1年ほど、京都の下宿で引きこもる。 友人の支えもあり、復活。政治家の秘書やテレビ制作などのインターンをおこない、期間限定のカフェも開く。「自分のようにつらい思いをさせたくない」と思い、D.Liveを立ち上げる。 フリースクールや自信を取り戻す教室を運営。不登校に関する講演や講座もおこなっている。 京都新聞にして子育てコラムを連載中。 詳しいプロフィールはコチラから