なぜ、そんなに楽しそうに子どもが計画を立てるのか?

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

「先週立てた目標、うまくいっているねん」

生徒が笑顔で話していた。

「ほとんどうまくいっている。やから、今週はもうちょっと難しい目標を立てようと思っているねん。今のやつは、もう余裕やわ」

嬉々として目標について語っている。

”目標”や”計画”と聞くと、なんだかイヤな感じがするのは、子どもだけではないだろう。

ノルマのよう思うことも少なくない。

自分で立てた目標なのに、やりたい気持ちが失せ、いつの間にか立てた目標すら忘れてしまう。

そう、あの新年に立てる目標と同じだ。

小さい頃から、僕たちは計画を立てることを強要されてきた。

夏休みの宿題計画など、最たるものだろう。

全く予定通りに進まないのに、僕は毎年のように7月で終わるように計画を立てていた。

一度たりとも、出来たことないのに……。

計画はいつだって机上の空論で、計画のために計画を立てるようなものだった。

めんどくさく、イヤイヤながら立てるもの。

だから、きっとあなたがTRY部で、子どもたちが嬉しそうに計画を立てている姿を見ると、「なぜ?」と思うだろう。

TRY部の子どもたちは、楽しそうに計画を立てる。
そして、振り返りも、イヤそうには、取り組んでいない。

振り返りと聞くと、真っ先に浮かぶのが”反省”だ。

先日、僕たち団体でイベントをおこなった。

その振り返りの日程を確認しているとき、一緒にイベントをおこなった人が「じゃあ、反省会はこの日にやりましょう」と言っていた。

振り返り = 反省
そんな図式が僕たち大人には、ある。

にも関わらず、子どもには振り返りを求める。
自分たちがやって楽しくないことを子どもにもさせようとする。

だから、子どもは振り返りが大嫌いで、全く楽しくない。
振り返り会は、ただの反省会になってしまい、ただひたすらうまくいかなかったこと、ダメなことばかりを考える。
でも、それだと全く楽しくない。
僕たちが計画や振り返りを”楽しい”と思わなかったのは、成長を実感できなかったからだ。

計画通りに進まない。
やろうと思っていたことができない。

悪いところばかりが目に付き、反省点ばかりあげてしまう。

しかし、成長が実感できるように工夫すると、計画や振り返りは、途端に楽しくなる。

「TRY部に来てから、成長が実感できるねん。ガンバっているなぁと感じることができる。やから、楽しいねん」と、生徒は言う。

ほんと小さなコツだ。
小さなことを意識するば、オセロがひっくりかえるように、”おもしろくない”ことが”楽しい”と思えるようになる。
「先週立てた目標やってみたんやけど、そもそも意味ないってことに気がついてん。早起きを目標にしていたのに、寝る時間が遅かったら、早く起きてもあかんなぁ。やから、今週は違う目標にしようと思うねん」

僕たちが指摘するでもなく、子どもたちは自分で課題を見つけて、改善しようと考える。

スタッフがアドバイスをすることは、あまりなくて、生徒が自分でどうしようかを考え、目標を立てていく。

「こんな場合はどうする?」
「こんな方法もあるよ」

僕たちがするのは、少し視野を広げる質問だけ。

ほとんどは、子どもたち自身で考える。

自分で立て、自分で改善した目標だから、どんどんガンバることができる。
「やること忘れるから、みんなにLINEで毎日やった報告を送るわ」と生徒が言って、毎日嬉しそうにLINEで結果を伝える生徒もいる。
「こうしたら?」なんて一切言っていない。

「俺、友達が喜んでもらえたら嬉しいから、それがきっと続くと思うねん」と、自分の特徴を理解し、自分なりにうまくいく方法を模索した結果だ。

大人が見たら、「すごくガンバっているね」と思うだろう。

でも、きっと本人たちは、あまり”努力をしている”という実感はない。

なぜやっているかと言うと、単純にうまくできるようになるのが嬉しいからだ。

人は、できないことができるようになると、嬉しくなる。

どんなことであっても、上達を実感すると楽しくなるし、もっとうまくなりたいと思う。

その気持ちをうまく利用しているのが、ゲームだ。

テレビゲームは、ゲーミフィケーションといって、人がやる気になるポイントをうまくついている。

主人公のレベルがあがると嬉しくなるし、「もっともっと」と思って、やめられなくなる。

今、TRY部に来ている生徒たちも、きっと同じ気持ちだろう。

「今週、5回うまくいった。これ毎日うまくできるようになりたいな」

楽しく、できるようになるのが嬉しくてたまらない。

TRY部の生徒は、人生の主人公として、自分のレベル上げにハマっている。

楽しいからこそ、上達する。
楽しいからこそ、もっとガンろうと思える。

嫌いな勉強だって、やりたくないめんどくさいことだって、彼らは乗り越えていけるだろう。

人生を楽しく過ごす、魔法の考え方をTRY部で学んだのだから。

 

 

 

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

田中 洋輔

田中 洋輔

1984年 大阪生まれ 立命館大学文学部卒 中学時代は、部活に打ち込み、勉強では学年で常にトップ10以内。 しかし、中学3年生のときから学校がしんどくなり、誰とも話さなくなる。 野球選手を目指し、大阪の野球強豪校へ行ったものの、自信を失い退部。そこから学校へ行かず、河川敷で過ごす毎日をおくる。 浪人して立命館大学へ入学したものの、なにをしたいかが分からなくなり、行く意味を失う。1回生の夏から1年ほど、京都の下宿で引きこもる。 友人の支えもあり、復活。政治家の秘書やテレビ制作などのインターンをおこない、期間限定のカフェも開く。「自分のようにつらい思いをさせたくない」と思い、D.Liveを立ち上げる。 フリースクールや自信を取り戻す教室を運営。不登校に関する講演や講座もおこなっている。 京都新聞にして子育てコラムを連載中。 詳しいプロフィールはコチラから