マンガは、人生の教科書だ!

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

「勉強しないなら、とにかくマンガを読ませてください」
僕は、相談に来られた保護者さんに、いつも同じことを言っている。

「とにかく、マンガを読ませてください」と。
マンガは、レッドブルのようなエナジードリンクだ。

モチベーションがわいてくる。

「こんなことやってみたい」「こんなふうになってみたい」

カフェインが人を昂ぶらせてくれるように、マンガは、人を昂ぶらせてくれる。

もし、僕がマンガを読んでいなかったら、今の自分はないし、こうやって文章すら書くことはできていないと思っている。

すべては、マンガを読んできたから、今の自分がいるのだ。

生きること、死ぬこと。生命については、『ブラックジャック』から教わった。

努力する大切さは、『ガンバFly high!』から学んだ。

働くことの喜びや苦しみは、『働きマン』で知った。

音楽の素晴らしさは、『ピアノの森』で再確認した。

平和については、『W3』で考えるようになった。

野球への情熱は、『第3野球部』から受け継いだ。
たくさんのマンガの言葉、場面、絵があったから、僕はガンバることができたし、生きていくことができた。

荒れていた中学時代。
不登校になった高校時代。
引きこもっていたとき。

僕の暗黒期は、決まってマンガを読んでいなかった。

あのとき、マンガを読んでいたら、高校ももっと行っていたかも知れない。

家の電気を消して、ずっと部屋で引きこもることもなかったかも知れない。

それくらい、マンガは偉大だと思っている。

レッドブルは、一過性で、飲んだ瞬間した効果はない。

でも、マンガは違う。

血となり肉となり、心の栄養分として、一生残る。

小学生のときに読んだ『火の鳥』や『ブラックジャック』は、今でも覚えている。

生きていて困ったとき、悩んだとき。

マンガの主人公たちのセリフが頭に浮かぶことがある。

とある場面が浮かんできて、「こうしよう!」と思う。

僕は、マンガからたくさんのことを学んできた。

学校の教科書が「役に立ったな」と思ったことは、ほとんどないけれど、マンガは、もうたくさんのことを教えてくれた。

失恋したとき。
仕事でうまくいかなかったとき。
就活で心が病みそうなとき。

いつだって、僕のそばにはマンガがあった。

『サプリ』や『働きマン』を読んで、「仕事したいなぁ」と猛烈に思ったし、『スラムダンク』を読んで、何度だって這い上がろうと思うことができた。

人は、マンガは娯楽で、時間つぶしで、ただのエンターテイメントだと言うかもしれない。

でも、断言しよう。
マンガは、人生の教科書だ。

困ったとき、人生で迷ったとき、占い師に見てもらうよりも、僕は書店へ行ってマンガを手にとることを薦めたい。

余裕がないとき。
しんどさでキツいとき。

なんとかしようと思えば思うほど、袋小路に入る。

僕は、そんなとき、決まって一人で考えてしまう。

頭がグルグル回転して、ネガティブなことばかりを考えてしまう。

すると、余計に落ち込み、いつまで立っても出口がない、アリ地獄に足を踏み入れてしまう。

「マンガを読もう!」なんて発想には、ならなかった。

だから、ダメだったのだ。
しんどいときこそ、マンガを読まないとダメなんだ。

今は、不登校で「しんどいんです」という子たちには、「とにかくマンガを読め!」と勧める。
きっと人生の指針になると思うからだ。
未だに、マンガを読むと馬鹿になると言われることもあるけれど、そんなことは全くない。

マンガから得られる知識は膨大で、本を読むよりも学ぶことができる。

まったく知識がない中で、戦国時代を学ぶのは難しい。

教科書を読んでいても楽しくない。

けれど、『日本の歴史』をマンガで読むと、すんなり理解することができる。

それは、映像として頭に入ってくるからだ。
“卑弥呼”と、文字にして見るのと、実際に女性が描かれているマンガを見て、学習するのでは、吸収度が違う。

マンガで得た知識を深めるために、小説や本を読めばいい。

とにかく、時間があるなら、マンガを読むべきなんだ。
『弱虫ペダル』を読んで、僕はクロスバイクを買った。
『宇宙兄弟』を読んで、宇宙に関心を持った。
『ヒカルの碁』を読んで、囲碁をはじめてた。
マンガを読まなかったら、きっと「やってみよう」とは思わなかっただろう。

マンガという媒体を通して、僕の好奇心が育まれていった。

「もっと知りたい」「もっと見てみたい」と思うようになったのだ。

暇つぶしでもなんでもいい。

「宇宙飛行士になるつもりないから、宇宙兄弟を読む必要はありません」ということも、言われたりする。

でも、僕から言わせたら順序が逆だ。

マンガを読んでいたら、そこからどこかに繋がるのだ。

まるで、どこでもドアのように、他の世界、違う場所にマンガは繋がっている。

でも、読んでみるまでは分からない。

「きっとここへ繋がっているから読んでみよう」とする必要なんてない。

マンガは、あくまでもエンターテイメントだ。

楽しみながら、読んでいったらいい。

“こうしなければならない”なんてものは、全くない。

ただ、気が向くまま、読みたいマンガを読めばいい。
みんな読んでいるからといって、自分に合うかどうかは分からない。

心のアンテナにしたがって読んでみる。

すると、「あぁ、宇宙飛行士になってみたいな……」と、思うようになるのだ。

マンガは、未知の世界へ連れて行ってくれる。

行った先は、分からない。

全く興味が持てず、なにも得るものはないかもしれない。
全然知らなかったのに、すごく興味を持つかもしれない。

人との出会いがあるように、マンガにも出合いがある。
僕にとっては、手塚治虫先生(手塚作品)との出合いが人生を変えたように、キッカケになるような出合いが待っている。

だから、僕は子どもたちに言うのだ。
保護者の人に言うのだ。

「とにかく、たくさんのマンガを読ませてください」と。
きっと、人生を変えてくれるような、暗闇を照らす光を灯してくれる出合いが待っていると、信じているから。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

田中 洋輔

田中 洋輔

1984年 大阪生まれ 立命館大学文学部卒 好きなものは、Mac/ライフハック/ラーメン プロ野球選手を目指すも、強豪校へ入り挫折し不登校に。大学に進学するも、引きこもりになる。周りの支援で復活。「自分のようにしんどい思いを子どもたちにさせたくない」と思い、2009年、学生時代にD.Liveを立ち上げる。不登校のときの話しや自尊感情(自己肯定感)に関する講演や研修をおこなう。夢は、「能力や環境に関係なく、全ての子どもが自分の未来に期待出来る社会をつくる」こと。学生時代は、お笑い芸人として漫才をしていた過去をもつ。