12/9(土)<5名限定!>思春期の子どもが自分から勉強するためにできること 滋賀県大津市

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

 

5名限定!思春期の子どもとの関わりかた講座 第三期
思春期の子どもが自分から勉強するためにできること
12/9(土) 14:00 – 16:30

お申し込みはこちらから!
https://peraichi.com/landing_pages/view/dlive2

 
■ 「TRY部は塾だけと塾じゃない!」

私たちD.Liveは「TRY部(とらいぶ)」という小5〜高3までを対象にした教室を運営しています。

「TRY部は塾だけど塾じゃない。」

この言葉は、TRY部に通う生徒が話してくれた言葉です。

中3の時に入会した彼は、当時塾にたいして嫌悪感を持っていました。

どこの塾も続かず、一番最初にうちに来た時も不機嫌そうな様子でした。

しかし、高3になったかれは今もTRY部に通っています。

自分なりに勉強もするようになり、今では「自分が勉強になるから」と言って、中3の家庭教師をしています。

今回の講座は彼がどうして変化したのか、そのエッセンスが理解し、ご家庭でも活用してもらえるための講座です!

 

■ 思春期ならではの関わり方がある

思春期は、子どもが親離れをして自立していく時期です。
親に反抗するのも、言うことを聞かないのも成長の過程であり、仕方のないことではあります。

しかし、あなたとしては不安になりますよね?

「なにかできることはないのか?」

「思春期の子に対して、どんな声かけをしたらいいんだろう」と、思われることでしょう。

まず大切なことは、“思春期”ということの理解です。

 

子どもたちがどんな気持ちでいるのか、どんなことを望んでいるのか。

関わり方やハウツーよりもなにより、まずは子どもを知るところからです。

私たちD.Liveでは、昨年から『子どもの自信白書』という冊子を発行しております。

この冊子を作成するにあたり、210人の子どもにアンケートをとりました。

「お父さんとお母さんは、自分のことを良く分かってくれていると思いますか?」という問いに対して、

「そう思う/ややそう思う」と前向きに答えた子は、小学生が85%。

れに対して、中学生は29%、高校生は36%でした。


思春期で不安定な時期だからこそ、子どもたちはもっと自分のことを分かって欲しいと思っています。

この設問、あなたのお子さんに聞いたらどのように答えるでしょうか?

 

保護者の人が「分かってくれている」と思えることほど心強いものはありません。

まずは、思春期について、子どもについて理解を深めることをこの講座では大切にしております。

 

 

 

■ あなたに合った方法を見つけましょう

子育て講座に参加した後にありがちなのが、「ああ、できていない」と自分を責めること。


せっかく褒めることの大切を教えてもらったにも関わらず

普段の生活で褒めることができていないと、自分を責め、落ち込んでしまいます。

子育て講座や子育て本というのは、本来は今の自分に足していくものだと思うのです。

「ああ、こういう方法があるのか」「こんな考え方があるのか」と、知識や考え方を増やすために活用する。


ついついやってしまいがちなのが、新しく学んだ方法は「良い方法」で今までやっていたのは「悪い方法」と、取り替えていくこと。すると、常に自分のやりかたを否定してしまいますし、合う方法が見つかるまでずっと探さないといけません。

でも、誰も完ぺきな人間ではありません。

すべてうまくやるなんてできない。

 

だからこそ、知識や考え方を自分の中にたくさんストックして持っておき、その場に応じて使っていくのです。

すると、「ああ、できなかった」と落ち込むことはありません。

時間がないときに、電子レンジを使って時短料理を作るように、子育てでも時短子育てが可能になるのです。

「時間がないからできない」「イライラしててできない」ということがなくなります。

 

 

この講座では、上記のように子育て講座や子育て本の活用などの考え方についてもお伝えさせていただきます。
「正解!」という方法なんて、ありません。

 

あるのは、「自分に合った方法」だけです。

そのためには、まずは思春期の子どもについての理解を深め、いろいろな手法を知っていくことです。
たくさんのプレゼントもご用意しております。 ぜひ、ご参加お待ちしております。

 

■ 今回のテーマ 

「思春期の子どもが自分から勉強するためにできること」

いよいよ2学期も終わりに近づき、お子さんによっては受験のことを少しずつ考えていく時期になりました。

ですが、そんな風に心配しているのは親の自分だけ。

子どもはまだ呑気に遊んでいる。

そんな姿を見ると勉強しなさいって思いますよね。

では、どうすれば自分から勉強するのか。そのためにできることを考える会です。

 


■ この講座で得られるもの

・思春期の子どもがどんなことを考えているかわかる
・子どもへの具体的な関わりかたが学べる
・子どもの自信や自尊感情について学べる
・子どもの学習意欲を高める方法が知れる
・何度勉強しなさいと言っても聞かなかった理由がわかる

 

参加者の感想

「D.Liveさんの子どもと関わる時にどのようなことを意識しているのか知りたくて参加しました。初めて聞く単語ばかりで勉強になりました!」(小学生のお母さん)

「何度かこの講座に参加させていただいています。来るたびに新しい気づきがあるので、毎回子どもとの関係を見つめ直すきっかけになっています。」(40代 男性)

 

こんなかたにオススメ

・子どもと学校のことについて話したいけど、コミュニケーションがとれない
・家でも自分から勉強してほしい
・勉強するように声をかけてもうまくいかない
・受験が控えつつあるのに、勉強に乗り気じゃない子どもが心配だ

 

イベント詳細

日時

12月9日(土)14:00~16:30

・自己紹介
・話題提供 『あなたの子どもはなぜ勉強しないのか―そのアドバイスが子どもをダメにする』 より勉強のストレスをどう下げるか、望ましい親の関わり方とは、を中心に
・体験TRY部 私たちが子どもにおこなっている授業を体験してもらう時間です!
・親として子どもにできることは何かを考える時間
・ふりかえり

 

参加費

1,000円

定員

5名 (小5〜高3の保護者さん限定の講座になります。)

■ 5名限定でも選ばれ続ける理由

・5名限定だから、自分の悩みや気持ちも打ち明けられる
・5名限定だから、保護者さんが聞きたい話や知りたい知識を伝えることができる
・5名限定だから、内緒の話もできる

一般の子育て講座では20人規模でされるものも多いです。でもそれって、遠慮しちゃって聞きたいことが聞けなかったり、話したいことが話せず、物足りない気持ちになることもしばしば。

しかし、私たちはあえて5名限定にすることで、じっくり参加者さんの声を拾って講座をおこない、保護者さんのお悩みに確実に寄り添えることを大切にしております。

 

会場

コワーキングスペースマグハウス
URL:https://maghouse.jimdo.com/access/
滋賀県大津市大萱一丁目9−7 ワイエムビル202

お申し込み先

こちらのURLからお申し込みください

https://peraichi.com/landing_pages/view/dlive2

※こちらからのお返事や事前連絡が届かないケースが増えております。迷惑メール対策をされている方は特に、info@dlive.jpのメールが届くよう設定をお願いいたします。

主催

NPO法人D.Live

お問い合わせ先

info@dlive.jp

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

得津 秀頼

得津 秀頼

D.Live副理事/元小学校教員 自分に自信が持てない、自分を好きになれない、そんな人が自分を好きになり前向きにチャレンジできる社会を創るためにD.Liveを立ち上げた。 自尊感情に関心が高く、D.Live内では主に自尊感情に関する事業を担当。