【TRY部 無料体験募集】子どもがみずから勉強するようになるヒケツは、授業の中に!

LINEで送る
Pocket

子どもは、勉強したいと思っている。
できるようになりたいと思っている。

今まで出会った子で、「勉強なんてどうでもいい」と言うことはいなかった。

たとえ、口ではそのように話していても、ホンネは違う。

「やっぱり、将来のためにも勉強は出来たほうがいいと思う」と、ちゃんと勉強の大事さは分かっている。

分かっているからこそ、やりたくない気持ちがどんどん溢れてくるし、それがプレッシャーにもなってくる。

やらないと……
でも、やりたくない……

その狭間で子どもたちは悩み、苦しむ。

塾へ行かせて、勉強する時間を強制的にとるのも一つの手段。

ただ、僕はできたら子どもたちには、自主的に勉強して欲しいと思っている。

やらされて勉強をするのと、みずから勉強するのでは全く違う。

僕は、高校生のとき不登校で、浪人して大学へ入学した。
浪人時代、毎日10時間以上勉強をして、偏差値は20以上もあがった。

「大学へ行く」という強いモチベーションがあったから。

もし、「勉強しなさい!」と言われて、受験勉強をしていたのなら、そこまで勉強をしなかったと思う。

ガムシャラに勉強することが出来たことは自信になり、学ぶことに関しては、「なんだって大丈夫」と思えるようになった。

勉強は、一生関わってくる。
学校の勉強だけが、勉強じゃない。

仕事に関すること。
人生に関すること。
資格や検定の勉強などなど。

みずから学べる子は、強い。
学び、習得することで、自分の人生を切り拓いていける。

そのためにも、僕はTRY部で、勉強を教えない塾をやりたいと思う。

今、カリキュラムを作っていて、新しい内容を実際に子どもたちに体験してもらっている。

先日のこと。

県庁の職員さんたちが、「見学に来たいです」ということで、「せっかくだし」と思い、授業にまざってもらった。

この日のテーマは、”ストレス”
社会人にはピッタリのテーマ。

僕は、子どもたちに「勉強しなさい」とは言いたくないし、「勉強しておいたほうがいいよ」と脅すことも言いたくない。

子どもたちが心の底から、「勉強しよう」「勉強って大事だな」と思わないと、やっぱりダメだなと思うのだ。

決意しないと、変わらないし、続かない。
そのキッカケづくりを授業でしようと思っている。

あくまでも気づくキッカケであり、強制でも押しつけでもない。
今までとちょっと見方が変わる。勉強への捉え方が変わる。

そんな授業をしようと思って、内容を作っている。

授業を考えていたとき。
勉強でイメージする言葉を羅列していたら、”ストレス”というのがキーワードで出てきた。

そこで、まずは「ストレスを感じることは?」「自分なりのストレス発散」について、自己紹介がてら発表をしてもらう。

次に、ストレスについて、もうちょっと考える時間をとる。

「ストレスってなんだろう?」
「どんなとき、ストレスを感じる?」
「ストレスがない人ってどんな人?」

大人も子どもも一緒に考える。

「この前、授業で習ってんけど〜」と、高校生が話す。

大人が「ちょっと思ってんけど、こうじゃない?」と意見を出す。
大人も子どもも関係なく、対等に議論を深めていく。

話しが進んだところで、ひとつの課題を出した。

課題は、「のび太くんのストレスをなくすための道具を考えてください」というもの。

道具を考え、名前をつける。
絵を描き、道具の説明文も書く。

チームに分かれて、企画会議はスタート。

「のび太くんってなにがストレス?」
「どうすれば、テストで良い点数取れるだろう?」
「暗記パンは?」
「いや、それあるし! っか、ずるやし」

みたいな会話を楽しくおこなう。

一見すると、ただ楽しんでいるように見える。

けれど、これはストレスという概念を違う角度から見るためのワーク。

のび太くんが勉強でストレスを感じてるのに気がつき、自分の勉強についても意識するようになる。

勉強で、どんなことがストレスになっているのか、感じることができる。

生徒のひとりは、「なんか最近、ここまで出来たらいいのにって思うところまで、できなくって落ち込むことが多いねん。全然あかんわぁって自分を責めてしまうねん」と、これまで全く聞いたことがない悩みを、ぼそっと話してくれた。

振り返りのときも、ストレスを減らすために「こんなことをしようと思う」と前向きに発言していた。

このワークをしたから、翌日からスグに「勉強しよう!」とはならない。けれど、この積み重ねはボディブローのようきくだろう。

ただ、僕たちもまだまだ試作段階。

いろいろな内容で試したいと思っている。

だから、来週からTRY部では無料体験授業をおこなう。

中学生や高校生はもちろん、大学生も参加できる。

大人と子どもが一緒にワークをするのは、とても良いなと今回感じた。

「子どもにどんなことさせるのか興味ある」という大学生や若手社会人もぜひ来ていただきたい。

保護者のかたは、今回は対象ではないけれど、「参加したい」というご要望が多ければ、”保護者のみ”の会もつくろうと思っている。

中学生、高校生のご参加、お待ちしております。

〈TRY部 体験授業 参加者募集〉

11/27
◇ 楽しいテストを考えよう

12/4
◇ 先生や親に怒られないために、なにができるだろう?

12/11
◇ どうして、分からないとイライラするのだろう?

12/18
◇ やりたくないことをする方法

対象
中学1年生 〜 30歳くらいまで
参加費
無料
申込み方法
info@dlive.jp まで、「TRY部体験参加」と記入し、お名前と学年(年齢)、簡単な動機、参加希望日を書いてお送りください。
場所
くさつまちづくりセンター

※ お問い合せもinfo@dlive.jpまで

LINEで送る
Pocket

田中 洋輔

田中 洋輔

1984年 大阪生まれ 立命館大学文学部卒 好きなものは、Mac/ライフハック/ラーメン プロ野球選手を目指すも、強豪校へ入り挫折し不登校に。大学に進学するも、引きこもりになる。周りの支援で復活。「自分のようにしんどい思いを子どもたちにさせたくない」と思い、2009年、学生時代にD.Liveを立ち上げる。不登校のときの話しや自尊感情(自己肯定感)に関する講演や研修をおこなう。夢は、「能力や環境に関係なく、全ての子どもが自分の未来に期待出来る社会をつくる」こと。学生時代は、お笑い芸人として漫才をしていた過去をもつ。