勉強が出来なくて自分がイヤになりつつも、「勉強できればいいのに……」と思っている中高生のキミ へ

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

はじめまして。
僕は、TRY部という塾をしている田中と言うんだ。
生徒やスタッフからは、イチローって呼ばれている。

今年、33歳。
ラーメンにハマって、”関西ラーメンガイドブック”を買って、毎日のようにラーメンを食べている。

最近、理由は分からないけれど、お腹が出てきており、それが悩みだ。

僕は、中学生のとき、大人はみんな敵だと思っていた。

やりたいことや意見をすると、全て否定された。

「それは違う」
「なにを言っているんだ」

理解されることは全然なくって、なんだかいつも見下されている気持ちになった。

僕には、プロ野球選手になるって夢があったんだけれど、大人はみんな「プロ野球選手になりたい」って言うと、笑った。

「中学生になってまで、夢を見るな」
「プロになれる人なんて一部だから、無理に決まっている」

どれだけ努力しようとも、練習しようとも、大人たちは僕の言葉に聞く耳を持ってくれなかった。

僕は、次第に大人に分かってもらうことをあきらめるようになった。

言っても無駄だと思ったから。

どうせ言っても否定される。
分かってくれない。

それならば、別に言う必要もないな。

そう思って、僕は大人は「敵だ」と認識し、悩みを相談することもなく、自分の気持ちを打ち明けることも一切なかった。

部活でも、コーチには、とことん刃向かった。
練習方法で気にいらないことがあれば、やらなかった。

大人の考えになんか従ってたまるかっ!

そう反発し、胸ぐらを思いっきり捕まれたこともある。

とにかく、僕にとって大人は敵だった。
大人は、上からなにかを押しつけてくるイヤな存在。

僕も思春期だったし、悩みもたくさんあった。

けれど、大人には聞こうとも思わなかった。

どうせ、否定される。
どうせ、聞いてくれない。
どうせ、上からアドバイスされる。

うんざりだった。

どうして、大人はあんなに偉そうに言ってくるのだろう。
中学生にもなって、どうして子ども扱いをされなきゃならないんだろう。

すごく理不尽で、心の中にあるモヤモヤはどんどん膨れ上がった。

そんな中高生時代を過ごした僕は、今は子どもと関わる仕事をしている。

”大人”というものになった今でも、あの気持ちを忘れたことはない。

押しつけてくる大人は嫌いだし、最後まで話しを聞いてくれない大人にもうんざりしてしまう。

仕事で学校へ行って、生徒よりも先に、先生にいちゃもんをつけることもあった。
(こんな僕をみんなは、大人じゃないと言う)

だから、僕は絶対に”分かってくれない大人”にはなりたくないと思っている。

「この人なら分かってくれる」
「話しを最後まで聞いてくれる」

そう、キミに思ってもらいたい。

勉強は、キミにとってすごくやっかいな問題だろう。
出来ればやりたくない。
めんどくさいものだと思う。

みんなの前では、「私、あほやし」「俺、別に勉強できひんでもいいし」と言っていても、心の中では「勉強ができたらいいな……」と思うだろう。

でも、“あほな子”なんてものは、実はいない。

ただ、“勉強が苦手な子”がいるだけだ。

生まれた瞬間から勉強が嫌いな子なんていない。

だんだん分からなくなり、勉強しても結果が出なくなり、人は勉強がイヤになっていく。

「勉強がイヤだ」というキミも、きっと勉強はできるようになる。

バットの振り方を知らない人がどれだけ振ってもホームランを打てないように、勉強もコツがある。

そのコツがあれば、キミもきっと勉強ができるようになる。

僕は、キミに「勉強ができる」という自信をつけてもらいたいと思っている。

「自分なんて……」
「どうせ、やってもできない……」

諦めている気持ちをくつがえし、「やればできる」と思って欲しい。

そのために、どんな弱音でも、悩みでも聞こう。

僕が大嫌いだった大人のように、話しをさえぎることはしない。

キミの話しに耳を傾け、最後まで話しを聞く。

知り合いの女子高生は、「塾で勉強したくないと言ったら、受験やめるか? と言われる」と言っていた。

僕は、そんな大人にはなりたくない。

キミのどんな言葉でも、誠実に向き合って聞きたいと思っている。

キミが「勉強嫌いやし、やりたくない」というなら、とことん聞こう。

じっくり話しを聞こうじゃないか。

僕たちの塾では、勉強は教えない。
勉強する時間はあるけれど、自習なので、なにをやってもいい。

全ては、キミの意思次第だ。

僕たちは、じっくりキミが勉強をしたくなるような環境をつくって、じっくり待っている。

勉強が苦手な理由、しんどいことがあれば聞こう。

別に勉強のことだけじゃなくてもいい。

部活で腹の立つ先輩の話。
嫌いな先生の話。
苦手なクラスメイトの話。

なんでもいい。

ここは、最後までキミの話しを聞くところだ。

たとえ、ほとんどの大人がキミの敵であろうとも、僕たちはなんとしてもキミの味方になる。

「勉強が苦手」
「勉強なんて無理……」

そうキミは、自分のことを思っているかもしれない。

友達や大人は、「あついは、勉強ができない」と思っているかも知れない。

ならば、チャンスだ。

そいつらを全員、見返してやろう。

キミも「できるっ!」というところを見せてやろう。

僕たちは、決して無理強いはしない。

「勉強しろ」なんて言わないし、宿題も出さない。
テストの点数で、「もっとガンバれ」とも言わないし、「この成績では行けるところないぞ!」と、おどすこともしない。

ただ、じっと君たちに寄り添い、一緒にガンバっていきたい。

さて、キミはどうしたい?

勉強ができないままの自分でいるのか。

それとも、勉強ができるようになって自信を得るのか。

僕たちは、いつだってキミを待っている。
 
 
 

秋の体験モニター募集

D.Liveでは、今までおこなっていたTRY部のカリキュラムをリニューアルし、勉強を教えず、学力を伸ばす塾を始めます。

子どもに寄り添い、悩みや不安、どんなことでもじっくり耳を傾けます。

「自分なんてどうせ……」
「俺、あほやし……」
「塾なんて行きたくない……」

そんな子にこそ来てほしい教室です。

開講に先立ち、限定6名で授業を体験してくれる生徒さんを募集します。

参加希望のかたは、10/27(金)、10/30(月)のどちらか可能な日に
「無料説明会&体験会」へ、親子でお越しください。

【無料説明会&体験会】
10/27(金)
どうして僕たちは勉強が嫌いになったのか。
ぶっちゃけ座談会

10/30(月)
学校で言えない事もココでは話せる!苦手な友だちや先生との関わり方

【体験モニター授業】

11/6(月)
①一緒に考えるから安心!
自分にあった目標と1日のスケジュールの立て方

11/10(金)
②こんなやり方アリ!?
学校じゃ教えてくれない誰でもできる勉強法

11/13(月)
③テスト直前!自分のスケジュールを見直そう!

11/17(金)
④どうして成績を伸ばしたいの?
もう一度自分の理由を確認してモチベーションを高めよう

11/20(月)
⑤自分の力で2時間の学習スケジュールを立てて勉強しよう!

11/24(金)
⑥総まとめ!自分で勉強できる方法をテスト期間の過ごし方から見つける

※ 授業内容は、変更する場合があります。

【時間】19:30 – 21:30

【場所】草津まちづくりセンター

【対象】中学1年生〜高校3年生

【料金】5,000円(11/6 – 11/24までの6コマ)

【お申込み】下記のフォームにご記入ください。

内容や体験モニターに関するお問い合せは、info@dlive.jpまでご連絡ください。

 

 

〈秋の体験モニター応募フォーム〉

保護者のかたのお名前 (必須)

お子さんのお名前 (必須)

お子さんの学校名 (必須)

お子さんの学年 (必須)

携帯電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

どちらでTRY部をお知りになられましたか?(必須)ブログホームページSNS知人検索その他

希望する体験日(必須)10月27日(金)10月30日(月)

困っていることやTRY部に期待すること (必須)

ご質問などございましたら、こちらへご記入ください。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

田中 洋輔

田中 洋輔

1984年 大阪生まれ 立命館大学文学部卒 中学時代は、部活に打ち込み、勉強では学年で常にトップ10以内。 しかし、中学3年生のときから学校がしんどくなり、誰とも話さなくなる。 野球選手を目指し、大阪の野球強豪校へ行ったものの、自信を失い退部。そこから学校へ行かず、河川敷で過ごす毎日をおくる。 浪人して立命館大学へ入学したものの、なにをしたいかが分からなくなり、行く意味を失う。1回生の夏から1年ほど、京都の下宿で引きこもる。 友人の支えもあり、復活。政治家の秘書やテレビ制作などのインターンをおこない、期間限定のカフェも開く。「自分のようにつらい思いをさせたくない」と思い、D.Liveを立ち上げる。 フリースクールや自信を取り戻す教室を運営。不登校に関する講演や講座もおこなっている。 京都新聞にして子育てコラムを連載中。 詳しいプロフィールはコチラから