大津・草津で不登校の相談ができる機関・サービスまとめ

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

「学校へ行きたくない……」
「えっ?」

お子さんが学校へ行けない日は、突然やってきます。

“不登校”って言葉は知っていても、詳しいことはわからないですよね。

誰に相談したらいいかわからないし、どうしたらいいかもわからない。
まさに青天の霹靂で、パニックになります。

学校の先生やスクールカウンセラーに相談へ行く。
そこで解決したらいいのですが、たいていの場合はうまくいきません。

行ける、行けないを繰り返し、次第に学校へ行けない日が多くなっていきます。

「どうしたらいいの……」「どこへ相談に行けばいいの……」

そんな保護者さんのために、草津や大津で不登校に関して相談できるところや情報をまとめました。

 

 

適応指導教室

適応指導教室とは、学校復帰を目指した子どもが通うところです。
各市町村にあり、教育委員会が運営をおこなっています。
そのため、学校との連携もしっかりしています。
保護者さんへの教育相談もできます。

草津市立教育研究所やまびこ教育相談室

大津市適応指導教室「ウィング」

守山 適応指導教室「くすのき教室」

 

 

滋賀県心の教育相談センター

不登校に関する専門の相談機関です。
電話や対面にて、不登校に関する相談をカウンセラー(臨床心理士)にすることができます。

NPO法人滋賀大キッズカレッジ&地域教育支援センター         

教育相談と学習指導をおこなっているところ。
相談では学習障害はもとより多動性などの発達障害や不登校などにも専門的に対応されています。
県内はじめ京都、大阪からも来所があるそうです。

アットスクール

草津駅前に教室があり、不登校や発達障害の支援をされています。
特性があるお子さんには、とてもオススメです。
講師の先生は、学校の先生向けの研修もされていらっしゃいます。

水口乗馬クラブ(ホースプレイスクール)

ここでは、不登校の受け入れもおこなっておられます。
草津市など地域によっては、出席扱いにもなります。

登校拒否・不登校問題滋賀県連絡会

学期に1回「不登校·登校拒否を考える会」の開催(講演と交流会)
ほかにも、電話相談、個別相談などをされています。
親の会のような場所です。

おおつ子ども・若者そうだんマップ

大津市内での子どもに関する相談をする場所一覧が掲載されています。
相談窓口は、たくさんあってどこへ行けばいいかわからない。
そんなときにとても参考になります。
 

思春期専門外来/滋賀県立精神医療センター

思春期心理に関する診療・治療をおこなってくれます。
ここ以外にも、”思春期外来”をしている病院があるので、不登校に関する診療でしたら、そういったところへたずねてみるのも良いかもしれません。

こちらの記事も参考にしてください。

【思春期】思春期外来とは何か?

 

不登校に関するオススメ本

今から20年前に発行された本。
でも、内容は今でも色あせません。
僕たちは、不登校でお悩みの保護者さんには、「もう、この本だけでいいから読んでみてください」と勧めるくらいです。
不登校の状態など、とてもわかりやすく書かれています。
 

本については、こちらの記事もご覧ください。
『この本は、不登校のことがわかる最高の1冊だ。』

 

保護者のかたへのオススメの記事

私たちが書いている記事で保護者のかた向けに読んでいただきたい記事をご紹介。

「私は私であって大丈夫」高垣先生が語る思春期の子どもを認める関わりと自己肯定感

保護者がジャムおじさんになれば、不登校の子は元気になれる。

子どもが不登校になるのは、保護者にとって大きなチャンスだと思った一本の電話

不登校の保護者は、羅針盤を失った航海士かもしれない
 

Webにも不登校に関する情報がいろいろあります。
個人的に興味深かった記事をご紹介。
 

いろいろ知りたい、不登校

不登校の老舗である「東京シューレ」さんのページ。
Q&Aで分かりやすく不登校が理解できます。

不登校のほとんどがフリースクールに通わない3つの理由

『不登校新聞』編集長の石井さんの記事。
不登校のことについてわかりやすく書かれています。

ウワサの保護者会スペシャル 「不登校~保護者ができることは?」 

保護者のかたたちの疑問に答えてくれる番組。
不登校ことが取りあげられています。

WEB連動企画“チエノバ” シリーズ「不登校」 
第1回「子どもの声に向き合う」

こちらもNHKの番組サイト。
放送を終えての出演者のコラムが興味深いです。

さいごに 

不登校対応にマニュアルはありません。
決まった正解もありません。

その子によって、なにが合うかはわからないのが実状です。
病院が合う子がいれば、フリースクールが良い子もいます。

上記にあげたところへ行き、お子さんと一緒に「ここがいいね」という場所を見つけてください。

注意することは、親御さんが主導でグイグイ行かないこと。

「行きたくない」というのであれば、無理矢理連れて行かないでください。
それはきっと、まだ行くタイミングではないということです。

あくまでも、「こんなところあるけれど、どう?」と提案するかたちでお子さんにはお話ください。
 

私たちD.Liveでも、保護者さん向けのイベントや面談などもおこなっております。
そちらもぜひ活用してくださいね。

D.Liveのサービスは、こちらからご覧下さい。

 

メルマガのご案内

不登校や思春期に関するメルマガをはじめました。
毎週木曜日に発行しています。
登録、ぜひよろしくお願いいたします。

◆小冊子『不登校の子が劇的に変わるヒミツ』をプレゼント中◆

下記フォームでお申込みいただくと、メールにファイルを添付し、お送りいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お住まいの都道府県 (必須)

この冊子を知ったきっかけ (必須)
ホームページブログSNS知人からの紹介LINEYoutubeその他

この冊子で得たいことや知りたいことは何でしょうか?

ご不明点等ございましたら、こちらにお願いいたします。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

田中 洋輔

田中 洋輔

1984年 大阪生まれ 立命館大学文学部卒 中学時代は、部活に打ち込み、勉強では学年で常にトップ10以内。 しかし、中学3年生のときから学校がしんどくなり、誰とも話さなくなる。 野球選手を目指し、大阪の野球強豪校へ行ったものの、自信を失い退部。そこから学校へ行かず、河川敷で過ごす毎日をおくる。 浪人して立命館大学へ入学したものの、なにをしたいかが分からなくなり、行く意味を失う。1回生の夏から1年ほど、京都の下宿で引きこもる。 友人の支えもあり、復活。政治家の秘書やテレビ制作などのインターンをおこない、期間限定のカフェも開く。「自分のようにつらい思いをさせたくない」と思い、D.Liveを立ち上げる。 フリースクールや自信を取り戻す教室を運営。不登校に関する講演や講座もおこなっている。 京都新聞にして子育てコラムを連載中。 詳しいプロフィールはコチラから