学校へ行けないのは、ラーメンが嫌いなのと同じかもしれない。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

キミは、学校に行けない自分を責めているかもしれない。みんなと比べて、「自分はダメだ」と思っているかもしれない。

でも、安心して欲しい。

キミは、別に変わってもいないし、誰かと比べて劣っているわけでもない。

僕は、小学一年生のとき、担任の先生に「あなたは、私には理解できません」と言われた。

子ども心に、すごく傷ついた。

自分は先生に理解できない変なヤツなのだろうか?
みんなとなにが違っているのだろうか?

「普通」になりたいと願い、なんとかしたいと思った。

けれど、無理だった。

僕には、そのままの自分が「普通」であって、みんなが望む「普通」がわからなかったから。

日本では、みんな一緒であるべきだと言われる。

みんなと同じようにして、はみ出してはいけない。

「普通」というのをとても大事にされる。

では、キミに聞きたい。

「普通とは、いったいなんだろう?」

学校に行けないことは、普通ではないのだろうか?

僕はそうは思わない。

「学校へ行くことが当たり前」というのは、誰かが決めた思い込みに過ぎない。

極端な話をしよう。

キミは、戦争をしているところに行ったとする。
そこで、敵を殴ることは悪いことだろうか?

僕たちは、人を傷つけないことが「普通」だと習ってきた。

でも、違う場所へ行けば、「当たり前」は変わる。

戦争をしている場所であれば、相手を倒すことが「普通」になる。

学校へ行けないことは、ラーメンが嫌いなことと同じだと僕は思うんだ。

日本人の多くは、ラーメンが好きだ。
ラーメンが好き、もしくは嫌いではない人がほとんど。

そんな中で、「私、ラーメンが嫌いなんです」と言ったらどうだろう?

「え? なんでなん? 美味しいやん」と、いろんな人に言われる。

「変わっている」「あり得ない」とまで言われるかもしれない。

たくさんの人はラーメンが好きであっても、中にはラーメンが食べられ人もいる。

ほとんどの人が出来ても、出来ない人もいるのだ。

キミは、ラーメンが嫌いな人を見て、「あの人は劣っている」「ダメな人間だ」と思うだろうか?

きっとそうは思わないハズだ。

それは、人には好き嫌いがあって当たり前だと思っているから。

では、なぜキミは学校へ行けていない自分を責めるのだろうか?

みんなが学校へ行けているから?
行くことが当たり前だから?

それは、「みんながラーメン好きだから、自分も無理して食べないといけない」と思うようなものだ。

そりゃ、ラーメンが食べられたら、友達とラーメン屋へ行けるようになる。
ラーメンの話題が出来たときに、盛り上がることができる。

ラーメンが食べられたらもちろん良いだろう。

でも、そこで「ああ、どうしてラーメンが食べられないのかしら」と悩む必要なんてない。

泣きながら無理してラーメンを食べられるようにすることもない。

ただ、「自分はラーメンが食べられないんだな」と受け入れるだけ。

みんなにとって学校へ行くことは当たり前かもしれない。

しかし、それは自分ではなく誰かにとって。

キミが学校へ行けないのであれば、「学校へ行けないのが当たり前」だと思えばいい。

学校に行けた方がいいだろう。
勉強に遅れがでるたびに、あせるかもかもしれない。友達に会いたいと思うかも知れない。

でも、学校へ行けないのであれば、「そういうものだ」と思ったらいい。

ラーメンが嫌いな人は、別に自分で選んでラーメン嫌いになったわけではない。

たまたま偶然、ラーメンがダメだったんだ。

キミも同じだ。

能力や才能、性格、努力。
そんなものは、関係ない。

ただ、残念ながら学校へ行けないだけ。

キミは、なにも劣っていないし、ダメ人間でもない。

学校へ行けないのは、キミが悪いわけじゃない。

「もっと自分がガンバらないと」なんて思う必要もない。

安心して欲しい。

学校へ行けていない子どもは、キミだけじゃない。

全国には12万人以上、学校へ行けない子がいると言われている。

この数を言われたところで、よくわからないだろう。

わかりやすく、例で示そう。

プロ野球の読売巨人軍の本拠地である東京ドーム。ここの収容人数が、55000人だ。

つまり、東京ドームが2日間超満員になるくらいよ人数が学校へ行けていないということ。

どうだろう?

こう考えてみると、「自分だけ……」という気持ちは薄まるのではないだろうか。

世の中には、不登校だった大人はたくさんいる。

星野源もマツコ・デラックスもそうだ。

僕も、学校へ行けなかった子どもだった。

大丈夫。
キミは、決して変わっていないし、ダメな人間じゃない。

今のキミに学校が合わなかっただけだ。

ラーメンが食べられない人がいるように、学校へ行けない子どもがいる。

たまたま、それがキミだっただけのこと。

大丈夫。なにも問題なんてない。

ラーメンが食べられないんだったら、うどんを食べたらいいだけだ。つけ麺なら食べられるかも知れない。

無理してラーメンを食べることはない。

代わりは、いくらだってある。

〈関連記事〉

不登校のキミへ送るラブレター①

〈無料面談実施中〉

D.Liveでは、無料で、保護者面談、生徒面談をおこなっています。
カウンセリングではなく、コーチングという手法をつかい
話しをうかがいながら、一緒に「どうしていくか」を考えていきます。

「会いたい」「話しを聞きたい」

そんなかたは、こちら(info@dlive.jp)までご連絡ください!
 

◆小冊子『不登校の子が劇的に変わるヒミツ』をプレゼント中◆

下記フォームでお申込みいただくと、メールにファイルを添付し、お送りいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お住まいの都道府県 (必須)

この冊子を知ったきっかけ (必須)
ホームページブログSNS知人からの紹介LINEYoutubeその他

この冊子で得たいことや知りたいことは何でしょうか?

ご不明点等ございましたら、こちらにお願いいたします。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

田中 洋輔

田中 洋輔

1984年 大阪生まれ 立命館大学文学部卒 好きなものは、Mac/ライフハック/ラーメン プロ野球選手を目指すも、強豪校へ入り挫折し不登校に。大学に進学するも、引きこもりになる。周りの支援で復活。「自分のようにしんどい思いを子どもたちにさせたくない」と思い、2009年、学生時代にD.Liveを立ち上げる。不登校のときの話しや自尊感情(自己肯定感)に関する講演や研修をおこなう。夢は、「能力や環境に関係なく、全ての子どもが自分の未来に期待出来る社会をつくる」こと。学生時代は、お笑い芸人として漫才をしていた過去をもつ。