学校へ行けなくて、絶望を感じているキミへ〈不登校のキミへ送るラブレター②〉

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

「学校へ行けていないとき、絶望を感じたことってありましたか?」

京都のカフェで、高校生と保護者、2人と僕は向き合って座っていた。

学校へ行けなくて困っており、話を聞いてもらいたいという連絡をいただき、会うことになった。

1時間ほど、状況などを聞いて、「これからもよろしく!」と話して、帰ろうとしていたとき。
「1つ、聞きたいことがあるのです」と、高校生の彼が言った。

「田中さんも学校行けていなかったんですよね? そのとき、絶望って感じていました?」

僕は、高校生のときに不登校になり、浪人して入学した大学も3ヶ月で行けなくなった。

彼の質問を聞いて、当時のことが思い出された。

僕は、彼をまっすぐ見て言う。
「めちゃくちゃあったよ。絶望しかなかったね。真っ暗だった」

そう。そうなんだ。しんどかった。
めちゃくちゃキツかった。

なにがしんどいのか?

学校へ行けないこともそうだけれど、なによりしんどかったことが、することがないってこと。

やることが、ないのだ。ヒマすぎる。
目標も目的も、なにもかも見失った状態。

学校へ行かない時間がごっそり空く。この時間が辛い。

これからどうやって生きていく?
未来は、どうなっていくんだろう?

まさに、お先が真っ暗な状態。

僕は、ずっと真っ暗なトンネルの中にいて、さまよっている感覚だだった。

どこから来たのか、どこへ向かうのかもわからない。

照らす光もなく、どこへも行けない。

僕は学校へ行っていないとき、ずっと河川敷で空を見ていた。
引きこもっているときは、1日中ずっと天井を眺めていた。

ずっと見ていると頭がくらくらしてくる。
もう、なにがなんだかわからなくなってくる。

ここがどこなのかわからなくなってくるのだ。

ふさわしい言葉を探すと、“絶望”というのが一番しっくりくる。

そう。望みが絶たれた状態。

出口を探してもがいてみても、どこまでいっても真っ暗な道が続くだけ。

あがいても、声をあげてみても、なにも見えない。

目を開けているのか、閉じているのかもわからなくなってくる。

この感覚は、きっと体験した人にしかわからないんだろう。

ヒマでやることがなくて、目的がなにもなくて、死ぬほど苦しいという感覚。

僕は、大学に入れば、光が見えると思っていた。
自分の道筋を照らしてくれる先があると思っていた。

でも、そうじゃなかった。

結局、自分でなにをするか見つけるしかなく、周りの友達は、やることや道筋なんてどうでもよく、楽しそうに学校生活を過ごしていた。

夏休みに入ったときには、「もう、無理だ……」と思い、大学を辞めようと思った。親に止められて退学することはなかったけれど、そこから1年間は学校へ行けなかった。

やりたいことがない。
やるべきこともない。
そして、なにかをする自信もない。

全てがなかった。

素っ裸で真っ暗なトンネルの中にいるような状態。
無力だった。圧倒的な無力だった。

誰かにこの苦しさを説明することもできず、ただ毎日もがいていた。

当時、僕は毎日の景色が白黒に見えていた。カラフルに見える世界からごっそり彩り(いろどり)をはぶいたみたいに。

楽しい。嬉しい。おもしろい。

たくさんの感覚を失っていた。

もしかしたら、“痛い”という感覚すらなくしてしまっていたかもしれない。

ふと、そのときのことを思い出し、僕は質問をしてくれた高校生に向かって微笑んだ。

「大丈夫。自分もそうだった。絶望しかなかった。でもね、大丈夫だよ。出口は、ある」

彼は、少し安堵した表情を浮かべ、「ありがとうございました」と言って、店を出て行った。
 

僕は、当時の自分を思い出しながら、心の中でつぶやいた。

「キミは、きっと大丈夫だ。誰にも頼ることができなかった僕とは違う。だって、僕は暗闇の中に光を灯す(ともす)方法を知っているのだから。その光についてこれば、キミはきっと出てこられる」

ちょうどその日は、半年前に不登校の面談をした高校生がニュージーランドへ留学に旅立った日だった。

彼も同じように、なにをしたらいいかわからず、絶望を感じていた。
でも、自分の目指す光を見つけて、日本を飛び出した。
 

今はまだ、真っ暗で、なにもできないかもしれない。
どこへいけばいいかわからいなかもしれない。

けれど、安心して欲しい。必ず、光は見つかる。

もし、「自分の光を見つけたい」とキミが言うのであれば、僕はキミと一緒にトンネルの中に入り、光を探そう。

いつでも、声をかけて欲しい。

僕は、スコップを持って、待っている。 

〈関連記事〉

不登校のキミへ送るラブレター①

〈無料面談実施中〉

D.Liveでは、無料で、保護者面談、生徒面談をおこなっています。
カウンセリングではなく、コーチングという手法をつかい
話しをうかがいながら、一緒に「どうしていくか」を考えていきます。

「会いたい」「話しを聞きたい」

そんなかたは、こちら(info@dlive.jp)までご連絡ください!
 

◆小冊子『不登校の子が劇的に変わるヒミツ』をプレゼント中◆

下記フォームでお申込みいただくと、メールにファイルを添付し、お送りいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お住まいの都道府県 (必須)

この冊子を知ったきっかけ (必須)
ホームページブログSNS知人からの紹介LINEYoutubeその他

この冊子で得たいことや知りたいことは何でしょうか?

ご不明点等ございましたら、こちらにお願いいたします。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

田中 洋輔

田中 洋輔

1984年 大阪生まれ 立命館大学文学部卒 中学時代は、部活に打ち込み、勉強では学年で常にトップ10以内。 しかし、中学3年生のときから学校がしんどくなり、誰とも話さなくなる。 野球選手を目指し、大阪の野球強豪校へ行ったものの、自信を失い退部。そこから学校へ行かず、河川敷で過ごす毎日をおくる。 浪人して立命館大学へ入学したものの、なにをしたいかが分からなくなり、行く意味を失う。1回生の夏から1年ほど、京都の下宿で引きこもる。 友人の支えもあり、復活。政治家の秘書やテレビ制作などのインターンをおこない、期間限定のカフェも開く。「自分のようにつらい思いをさせたくない」と思い、D.Liveを立ち上げる。 フリースクールや自信を取り戻す教室を運営。不登校に関する講演や講座もおこなっている。 京都新聞にして子育てコラムを連載中。 詳しいプロフィールはコチラから