【2.14 講演レポ】自尊感情の話をしながら、ぼくは先生たちのホンネを引き出すことばかり考えていた

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

こんにちは、スタッフの得津です。
先週の2月14日(火)に、守山市教育委員会さんに呼ばれて「子どもの自尊感情を育てるために学校でできること/地域でできること」というテーマで、2時間ほどお話とワークをさせていただきました。

 

幼稚園、小学校、中学校の先生もいれば、公民館など地域で子どもと関わる方々もおられました。みなさん、メモをとったり頷いたりされていてとても熱心でした。職員研修といえば、自分が希望した研修ではないので寝てしまう人もいるのが常ですが、寝てる人いませんでした。びっくり!

 

 

 

話したのは、白書の掲載した自尊感情アンケートの結果と調査の仕方・TRY部でやっていること・スタッフの鉄則・子どもたちとのエピソードを中心に話しました。使ったパワーポイントは最後に載せていますのでよければご覧ください。

 

最後のワークでは、「自尊感情を育てる上でずっと問い続けていくべき問い」と人権教育課の課長におっしゃっていただいた、問いを提示してグループでお話いただきました。提示したのは以下の問いです。

 

 

これらは、ぼくが誰かに自尊感情の説明をしたときに返ってくる質問をちょっと変えたものです。

僕の持論ですが、講演や研修に参加する人の動機って大きく3つに分かれると考えています。

 

1、テーマについての知識や事例を知りたい

2、同じ場にいる人や講師の先生とつながりたい

3、テーマに関するアクションを起こすための背中を押して欲しい

 

この中で、1・2は参加者のニーズとして顕在化されていることが多く、この2つを満たすようにプログラムが組まれた会も多いです。ですが実は3、が本当にニーズとしてあるのではないかと僕は考えています。今回だったら、「子どもの自尊感情を育てることについて、必要なことはなんとなく分かっているけど行動に起こせない気持ちを改めたい。」というニーズです。

ただ、3のニーズを参加者の方が気づいていなかったり、1や2の理由に知らず知らずのうちにすり替えていたりしています。だから表に出ていることは全然ありません。

 

けれど、3のニーズは間違いなくあります。特に、今回の研修にお越しになった先生方は3のニーズを持っている人が多いだろうと考えていました。

 

だって学校の先生は、いろんなところで自尊感情という言葉を聞くし、毎日子どもたちと接していますし、授業や実践も毎日おこないフィードバックしあっています。そんな状況にあって、本心から知識や事例がほしいというのを僕はあまり想像できません。いつでも調べられるし、参考資料も職員室にあるし、他の先生から教えてもらうこともできます。

本当に欲しいのはアクションを起こすきっかけです。

 

だから僕はこれらの問いを出して、アクションにつながるような話し合いをしてもらいました。

 

幼稚園の先生グループは、職員の自尊感情を取り上げて自分たちの職場の悩みを話していました。公民館の職員さんグループは来館しない人にどうやってきてもらうかを話していました。ある中学校の先生グループはなかなか話が進んでいませんでした。具体的には開始5分くらいずっとフリーズしていました。

 

きっと面白い話が生まれそうだと、わくわくしながらそのフリーズしたグループに混ざったらこんな話が出てきました。

 

・自尊感情の低い生徒はたくさんいる。
・その中で特に気になっている生徒が他の先生が担任をしてるのでどうしたらいいか分からない。
・けど、こういう言葉かけや関わりが必要なのは分かっている。

 

なるほどなぁ、と。
「何かできることあります?」と聞いたら、
「いやぁ、でも立場が・・・」と。

出ました!

 

これ!これですよ!

 

「でも立場が・・・」と言った気持ちの裏には、本当は立場をこえたい気持ちがあるはずです。「あえて立場をこえられるとしたら、どんなアプローチができますか?」と聞いたらぽつぽつと意見出てきました。あとはその意見を拾って、全体に返して、実際できそうなことは何かを聞く。それを繰り返していました。実際に行動されたかどうかは分かりませんが、この場ではかなり突っ込んだ話をすることができました。

 

僕が先生をしていたころに不満に思っていたのは「アクションにつながるはずの本音を言い出せない」ことでした。校内研修で講師に専門家のかたに来ていただいても、議論が踏み込まない。それぞれ本心では思っていることは必ずある空気感なのに。

でも、この空気を突破するのが難しいことも分かります。これを言って明日から関係悪くなったらどうしようという気持ちもよぎりますよ、そりゃあ僕にだって。

 

だからこそ僕たちみたいなNPOの出番だと思っています。まちづくりでは言われることですが「よそもの・ばかもの・わかもの」がまちの活性化の鍵になるそうです。

閉そく感を突破するという意味では、先生の研修も同じだと思います。僕たちみたいな「よそもの」がわざと先生たちをゆさぶって、本音を引き出しアクションにつなげられるよう支援する。守山市の研修を終えて、改めて僕たちの役割を自覚することができました。

 

 

場の持ち方や内容は一緒に考えていきますので、子どもの自尊感情を育てるために職場で何かアクションを起こすきっかけをつくりたい方はこちらの講演依頼ページにお問い合わせください。

講演のスライドはこちら

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

得津 秀頼

得津 秀頼

D.Live副理事/元小学校教員 自分に自信が持てない、自分を好きになれない、そんな人が自分を好きになり前向きにチャレンジできる社会を創るためにD.Liveを立ち上げた。 自尊感情に関心が高く、D.Live内では主に自尊感情に関する事業を担当。