不登校の子との関わり方は、犬が教えてくれる。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

「不登校の子」とどのように関わったらいいかわからないと、よくご相談をうけます。

私が、イメージするのは“びしょびしょに濡れた子犬”です。

必死で生きてきた。
大きな犬に噛まれたこともあった。
傷だらけになりながら、エサを探す。
人間に追いかけれたこともあった。

ある日、あなたは雨の日にその子犬を見つけるのです。

びしょびしょに濡れた子犬に。

子犬は、あなたを見るなり、必死に吠えます。

自分が出せうる限りの力を振り絞って。

「かわいそうに。。。」と、手を出そうとしたあなたの手を子犬は噛もうとします。

今まで必死で闘ってきたのです。

1人で。小さい体で。

「同情なんてされてたまるか!」と、子犬は思っています。

自分1人で闘ってきた自負がある。

「お前にぼくの気持ちがわかってたまるか!」と思うのです。

びしょびしょに濡れた子犬にしてあげることは、「かわいそうに」と言ってエサをあげることではありません。

「大丈夫だよ」と、ただ抱きしめてあげればいいのです。

強がっていないと、ダメなのです。

自分を支えてきたものが全て折れてしまう気がするのです。

決して弱みを見せらません。

心を許してしまうと、もう二度と帰ってこられないような、そんな不安に駆られるのです。

だから、どれだけびしょびしょで傷だらけでも、抵抗するのです。

不登校の子も同じです。

同情なんて必要ありません。

「かわいそうに。。。」と、憐れむことを本人たちは、嫌悪します。

ただ、ただ、「大丈夫だよ」と抱きしめてあげてください。

抵抗して、抱きしめてあげられないなら、声をかけてあげましょう。

「大丈夫だよ」と。

「しんどかったんだね」と。

気持ちを受け止めてあげる。

ただ、それだけで子どもたちの気持ちは軽くなるのです。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

田中 洋輔

田中 洋輔

1984年 大阪生まれ 立命館大学文学部卒 中学時代は、部活に打ち込み、勉強では学年で常にトップ10以内。 しかし、中学3年生のときから学校がしんどくなり、誰とも話さなくなる。 野球選手を目指し、大阪の野球強豪校へ行ったものの、自信を失い退部。そこから学校へ行かず、河川敷で過ごす毎日をおくる。 浪人して立命館大学へ入学したものの、なにをしたいかが分からなくなり、行く意味を失う。1回生の夏から1年ほど、京都の下宿で引きこもる。 友人の支えもあり、復活。政治家の秘書やテレビ制作などのインターンをおこない、期間限定のカフェも開く。「自分のようにつらい思いをさせたくない」と思い、D.Liveを立ち上げる。 フリースクールや自信を取り戻す教室を運営。不登校に関する講演や講座もおこなっている。 京都新聞にして子育てコラムを連載中。 詳しいプロフィールはコチラから