思春期の子と一緒に読みたいマンガ

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket


こんにちは。

僕は、子どもの会話についていくために(と言い張って)毎週ジャンプを定期購読しています。

小学生のときに手塚先生にハマり、ほとんどの作品を読みました。
「W3」「火の鳥」「ブッタ」「陽だまりの樹」「奇子」「七色いんこ」「ブラックジャック」などなど。

子どものときは、ジャンプ、サンデー、マガジンを毎週読み、今でもマンガはかなり読んでいます。

マンガは、たくさんのことを教えてくれるし、いろんな感動を得られる最高のエンターテインメントです。

61qnvAyLMWL

お子さんが思春期になり、「会話が減ってきた」「あまりかまってくれない」

そんなお悩みがあるお母さん、お父さんのために、『親と子で一緒に読むと盛り上がるマンガ』をまとめました。

共通の話題があると盛り上がること、出来ますよね?
僕は、父親と同じ阪神ファンなので、実家に戻ると野球の話で持ちきりになります。

お子さんが読んでる本を読むのも良し。
ここに挙げた本をあなたが先に読んでおいて、そっとリビングに置いておくのも良いかもしれません。

 

聲の形

51VsfzzIY2L

もうすぐ映画化の話題作。
耳の聞こえない少女へのいじめから物語は始まる。
登場人物それぞれが抱えている孤独や不安。
そんな心を描きながらも、いじめや障がいについて考えさせてくれる作品。

主人公は、いじめる側。
いじめをするキッカケや心がわかるので、「いじめは、あかん」と単純に思えなくなります。
(いじめを肯定するわけではなく!)

作者の大今さんも下記のように述べています。

いじめについても、もちろん悪口を言う側やいじめを肯定するようなストーリーにはしませんが、それぞれの行動にはそれぞれの理由がある。単純な善悪の対立ではなく、その人たちの内面や葛藤を描いていきたいです。
出典:「週刊少年マガジン」で新連載『聲の形』大今良時に聞く2

 

暗殺教室

316KOOC3KKL._SX306_BO1,204,203,200_

「椚ヶ丘中学校」の成績・素行不良者を集めた3年E組の元に、
「来年3月までに自分を殺せなければ地球を破壊する」という危険な生物(殺せんせー)が担任として着任。

殺せんせーは、教師として生徒と向き合い、成長をサポートしていく。
生徒は、殺せんせーを暗殺するために奮闘する。

暗殺者と標的という異常な状況ながら、殺せんせーの子どもとの関わり方にはたくさんの学ぶべきところがあります。

だんだん信頼を寄せていく生徒。
「大好きな先生を本当に殺すのか?」

中学3年生に突きつけられた命題は、あまりにも重い。
自分ならどうする?どうやって闘う?

そんな話をお子さんと出来るマンガです。

スラムダンク

51iXuNajk1L._SX312_BO1,204,203,200_

言わずと知れた名作。
素人 桜木花道が成長していく姿が見られるバスケットのマンガ。
たまに、無性に読み返したくなります。

敵、味方関係なく、それぞれのキャラクターの背景がしっかり描かれており、敵にも感情移入できる希有な作品。
名言、感動シーンが多く、涙なくしては読めません。

好きなキャラクターやお気に入りのセリフ。
それだけで、何時間でも語り合うことが出来る、レジェンドクラスのマンガです。

宇宙兄弟

 

51u9INmWNHL

宇宙飛行士を夢見て、共に育った2人の兄弟(ムッタとヒビト)
しかし、兄のムッタは現実を目の前にして、その夢を諦めてしまう。
一方、弟のヒビトは、一心に追いかけて宇宙飛行士になる。

一度は、諦めた夢。
しかし、再びムッタは夢へ向けて歩み始める。

主人公のムッタは、実は“スゴイ人”にも関わらず、自分に自信が持てず、グジグジしていた。
その背中を押すヒビト。
そして、時間が進み、今度は弟の背中を押すムッタ。

兄弟愛、夢へ向かう姿勢、仕事への取り組み。
学ぶところが本当に多く、何度も何度も読み返したくなるマンガ。

読んでいるだけで、宇宙に興味が出てきます。

弱虫ペダル

61RLrZMKmCL._SX312_BO1,204,203,200_

高校生のオタクな主人公が、自転車競技に出会い、成長していく物語。

もう、ベッタベタなスポーツマンガです。
でも、めちゃくちゃオモシロイ。

主人公がとにかく純粋で、一心不乱に部活へ取り組みます。

忘れていた純粋さを取り戻せそうな、そんなキモチになれるのです。

先輩たちもカッコ良く、チームで闘う自転車競技の面白さがわかるマンガ。

これを読めば、お子さんと一緒に自転車でどこかへ行きたくなること必至です。

 

ちはやふる

51dVuHbsYRL


映画化にもなった、かるた競技(百人一首)を取り扱った作品。

かるた競技は、年齢も性別も関係なくみんな一緒に勝負します。
だからこそ、自分の出来ていないところ、足りていないところが嫌が応にでも意識させられるのです。

僕は、このマンガは「努力とはいったいなにか?」を問う作品だと思っています。

どれだけ努力しても天才には追いつけない。
諦めよう、辞めようと思う。
でも、それを乗り越えていく。

どれだけ時間を費やし、青春の全てを捧げたとしても、勝てない。

「果たして、こんなにガンバる意味は?」

努力や才能、ガンバることについて深く考えさせられるマンガです。

まとめ

6248941800_f1a0e7112e_b

ここに挙げた作品は、僕が大好きなものばかり。
漫画から学ぶことって、本当にたくさんあるのです。

スラムダンクの作者、井上雄彦さんは、
「人は、楽しいから笑うわけではないし、悲しいからと言って泣くわけではない」と言います。

小説とは違い、マンガにはキャラクターの気持ちが絵として描かれており、言外の意味もそこから感じとることが出来ます。

人の機微を学ぶ意味でも、マンガを読むのは本当に良いです。

おもしろいマンガ、もっともっとたくさんあります。

マンガに関してだと、いくらでも記事が書けるくらい僕は大好きであり、自分にとって大切なものです。

僕はこの仕事を始めたキッカケは、手塚治虫先生でした。
それくらいに影響をうけているのです。


ここに取り上げた以外にも、オススメの漫画、親子で読みたい漫画あればぜひ教えてください。

〈こんな記事もオススメ〉

いろいろうまくいかない。大切な人もそばにいない。そんなあなたに『宇宙兄弟』

映画『宇宙兄弟#0(ナンバー・ゼロ)』を観る前に復習しておきたい10個の名言!

殺せんせーの無免許疑惑から考える学校との関わり方『暗殺教室』

 

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

田中 洋輔

田中 洋輔

1984年 大阪生まれ 立命館大学文学部卒 好きなものは、Mac/ライフハック/ラーメン プロ野球選手を目指すも、強豪校へ入り挫折し不登校に。大学に進学するも、引きこもりになる。周りの支援で復活。「自分のようにしんどい思いを子どもたちにさせたくない」と思い、2009年、学生時代にD.Liveを立ち上げる。不登校のときの話しや自尊感情(自己肯定感)に関する講演や研修をおこなう。夢は、「能力や環境に関係なく、全ての子どもが自分の未来に期待出来る社会をつくる」こと。学生時代は、お笑い芸人として漫才をしていた過去をもつ。