小学生が「この教室は、シェアハウス」だと言う意味とは?

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

「TRY部は、シェアハウスみたいなところやねん」

小学6年生の生徒が “TRY部とは、どんな場所?”と聞かれた質問にこのように答えた。

いつもの授業日。
しかし、この日は少し勝手が違った。
後ろには、大人が数人。
見学へ来た人たちがいる中で授業ははじまった。

普通、大人がいたら緊張するのが子どもだろうなって思うけれど、ここの生徒は慣れたもの。

「あっ、今日は見学来てるんやなー」くらいで華麗にスルーする。

中田英寿のスルーパスくらいキレイにスルーをする。
マクドナルドのドライブスルーでなにも頼まずに通りするくらいにスルーをする。

せっかく見学の人たちが来ているのだから、その人たちを巻き込んだプログラムを作りたいなと思って、スタッフで計画を練る。

「こんなんどうかな?」
「おお!めっちゃおもろいやん!」
「やろう、やろう!」

決まった企画は、『ラジオ』だった。

「オールナイトニッポンをやろう!」
(もちろん、パロディ。場所は、有楽町ではなく草津だし、深夜に収録もしていない)

キッカケは、前の週に生徒が言った発言。

「そろそろ座談会がしたい」

TRY部では、1年に1度くらい座談会といって、みんなで振り返る機会をつくっている。
教室へ来て変わったこと、成長したことを生徒だけで話し合う。

もうすぐ、春休みになり、学年が変わる。
いいタイミングだし、彼の声を取り入れて座談会をやることにした。

せっかくだし、ゲストの人たちにも質問をもらいたいなぁと思って考えたら、「ラジオだ!」となった。

見学へ来た人たちに内容を伝えるとノリノリで、いろんなペンネームで質問を考えてくれた。

AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA

オールナイトニッポンと同じように、“ビター・スウィート・サンバ”をかける。
「トゥルットゥ〜♪」とメロディが流れ、少したってからみんなで、どなり。

「TRY部のぉ〜(ここでためる)オールナイトニッポンっ!」

(ちなみに、ここをみんなで合わせるために何回もリハーサルをしていた)

事前に決めたメインパーソナリティである高校生が進行していく。

「いやぁ、はじまりました〜」なんて感じで、全然練習していないのに、ラジオっぽく入ってくる。

17

まずは、自己紹介。
それぞれが簡単に挨拶をしていると、ディレクターを演じるスタッフからお便り(メモ)が渡される。

「おっと、早速メールが来ましたね。ペンネーム おなかすいたさんから。ありがとーございまーす」

もう、さながらラジオのパーソナリティみたいにスラスラ話す。

達者すぎて思わず笑ってしまうくらいだった。
視聴者(もちろん、見学に来た人のこと!)からもらった質問に生徒たちは、しっかり答えていく。

ICHAT

「そんなこと思ってたのか!?」と、スタッフが感嘆することも口にする。

ここでは、一部をご紹介。

Q : TRY部ってあなたにとってどんな場所?

・家族でも友達でもないけど、なんでも言い合える場所。やりたいことがあったら言うし、
   失敗したことでも話せる。どんなことを言っても許されるって雰囲気がある。
「それは無理だよ!」と言われるのではなく、「じゃあ、どうしよう」と話し合える。

・ありのままの自分、自分の素が出せる場所。

・安心してなんでも言える。みんなが同じ目線で考えてくれる。

・自分1人だけで考えて誰にも言えなかったことも、ここなら言うことが出来る。

 

Q : TRY部がなかったらどうなってたと思う?

・ここがなかったら今、学校も行けてないし、バスケもきっと辞めてる。
    ほんとここがあったから救われた。

・きっと学校へ行けていない。

・今はイキイキと話しているけれど、それはここのお陰であって、TRY部へ来る前はめちゃめ
   ゃ暗い人だったし、来てなかったらきっと今も暗いままだと思う。

(この日、私立高校の合格発表で第一志望の高校への進学が決まった生徒)
・今日の合格は、きっとなかった。

 

Q : あなたにとってのTRY部とは?

・自分の素が出せる場所

・シェアハウス。
いろんな人がいて、いろんな性格の人がいて、その人たちとみんなで分かち合える。
    そんな場所。

・TRY部は、TRY部。
    別の場所じゃない。たとえようがない。
    どこでも味わえるものじゃない。
    だから、TRY部はTRY部。

・家と学校の間くらいの場所。

 

生徒のコメントを聞いて思ったこと

 

子どもたちがイキイキと話す様子を見て、ジーンときている自分がいた。

たまに「TRY部ってどんなところ?」と聞くことはあっても、こうやってじっくりと生徒が教室について話す機会はない。

「こんなこと思ってたのか!」と思うようなことばかりで、胸が熱くなった。

子どもたちの居場所に。
学校でも家でもない、サードプレイス(第3の場所)を作りたい。

生徒に言ったことはないこの思いが、ちゃんと伝わっていたのがなにより嬉しかった。

「教え方がうまい」
「スタッフがステキ」
「すごく勉強になる」

そんなスペック(性能や機能)ではなくて、居場所として認識されているのに手応えを感じた。
思春期や反抗期になると、親や先生、友達にも話せないことも増えてくる。
自分の中でモヤモヤするけれど、それを話す人、話せる場所がない。

僕自身もそうだった。

「TRY部は、シェアハウス」という発言を聞いたとき、“なるほど”と思わず膝を打った。

学年も違う。
抱えている悩みも違う。
スタッフもそれぞれ。

決して強制することはなく、自由。
けれど、みんながしっかり自分と向き合い、なりたい自分(目標)へ向かってガンバれるところ。

TRY部をはじめて、そろそろ2年。
意図してつくったきたこの空間、雰囲気。

子どもたちの言葉を聞いて、TRY部の必要性を改めて感じた。
「ここがなかったらきっと学校へ行けてない」という言葉は重い。

まだ、届けられていない、しんどさを抱えている子どもたちに、僕たちはちゃんとTRY部を紹介していかないとならない。

このラジオで感じたのは、“僕たち以上に生徒がTRY部という場所を大事に思っていてくれている”ということ。

「やってきて良かった」という満足感もあったけれど、それ以上に使命感が今までよりも沸いてきた。

ドラえもんの空き地がなくなり、子どもが異学年と関わり合う場所、思ったことを話せる人がいない今の世の中、TRY部のような子どもたちの居場所はとても大切。

そろそろ新規生徒募集もはじめる。

まだ、見ぬ子どもが、来年同じ場で、座談会で嬉しそうに「TRY部に来て良かった」と話してくれる姿を想像すると、生徒集客は大変でイヤな仕事ではなく、子どもたちの未来を、子どもたちの笑顔を創っていくワクワクする仕事になる。

これからどんな子どもに出会えるのだろうか。
どんなふうに成長するのだろうか。
どんなストーリーが生まれるのだろうか。

まるで遠足を控えた子どものように、そんな未来を想像すると、ワクワクして胸が高鳴る。

これから出会うキミたちに

「ようこそ、TRY部へ。」

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

田中 洋輔

田中 洋輔

1984年 大阪生まれ 立命館大学文学部卒 中学時代は、部活に打ち込み、勉強では学年で常にトップ10以内。 しかし、中学3年生のときから学校がしんどくなり、誰とも話さなくなる。 野球選手を目指し、大阪の野球強豪校へ行ったものの、自信を失い退部。そこから学校へ行かず、河川敷で過ごす毎日をおくる。 浪人して立命館大学へ入学したものの、なにをしたいかが分からなくなり、行く意味を失う。1回生の夏から1年ほど、京都の下宿で引きこもる。 友人の支えもあり、復活。政治家の秘書やテレビ制作などのインターンをおこない、期間限定のカフェも開く。「自分のようにつらい思いをさせたくない」と思い、D.Liveを立ち上げる。 フリースクールや自信を取り戻す教室を運営。不登校に関する講演や講座もおこなっている。 京都新聞にして子育てコラムを連載中。 詳しいプロフィールはコチラから