【授業レポート】計画を立てられるのってスゴイな。。。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

『うちの生徒すげーなー』

スタッフとTRY部の話になったときに、このようなことを話していました。

普段、計画って立てられていますか?


僕はこの作業すごく苦手なんです。
考えるよりも先に行動がしたくなるし、計画がうまくいかないと落ち込むじゃないですか?

「自分はなんてだめなやつなんだろう。。。」と思うので、それなら計画を立てないほうがいいや。。。って思ってしまうんですよね。

授業で生徒に聞くと、「計画を立てるのはイヤじゃないで」との返答。

うううう、さすが毎週計画を立てているだけはある!

 IMG_7718

この日は、月目標を立てました。

IMG_7701

僕も8月は夏バテもあって思うような成果を出せてなかったので生徒に交じって一緒に計画作り。

IMG_7599

「計画を立ててるときは出来ると思うねんけど、次の日になったらイヤになるねん」

IMG_7777

 「わかるわかるっ!」
そんなやりとりをしながらそれぞれで作業。
一旦書いてみんなで共有。

IMG_7716

それを見て、足りてないところなどを指摘して再び作業。

IMG_7786

“毎日勉強を30分する”

これは、ルーティン目標。毎日やることですよね。

でも、月間目標は「なにを達成したいのか?」を計画します。

IMG_7739

「うーん、なんやろう?」と、みんなうなりながら作成。
「受験と向き合う!まずは、学校を調べて赤本を解く」

「数学の図形が苦手なので克服する!」

などなど、ちゃんと月間目標になりました。

まとめ

IMG_7746

毎週計画を立てて振り返る機会って実はすごく大切。
僕は自分で立てた計画をよく忘れます。
それは見返す仕組みや場所がないから。

TRY部だと、イヤでも毎週計画を見直します。

1週間単位でこうやって改善を考えていくと、数ヶ月経つとほんとに大きなチカラになります。

僕自身、まだまだ計画を立てるのが苦手なので生徒と一緒に取り組んでいこう思いました。

いやぁ、毎週計画を立てて振り返りをしている生徒たち。
ほんとすごいな。。。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

田中 洋輔

田中 洋輔

1984年 大阪生まれ 立命館大学文学部卒 中学時代は、部活に打ち込み、勉強では学年で常にトップ10以内。 しかし、中学3年生のときから学校がしんどくなり、誰とも話さなくなる。 野球選手を目指し、大阪の野球強豪校へ行ったものの、自信を失い退部。そこから学校へ行かず、河川敷で過ごす毎日をおくる。 浪人して立命館大学へ入学したものの、なにをしたいかが分からなくなり、行く意味を失う。1回生の夏から1年ほど、京都の下宿で引きこもる。 友人の支えもあり、復活。政治家の秘書やテレビ制作などのインターンをおこない、期間限定のカフェも開く。「自分のようにつらい思いをさせたくない」と思い、D.Liveを立ち上げる。 フリースクールや自信を取り戻す教室を運営。不登校に関する講演や講座もおこなっている。 京都新聞にして子育てコラムを連載中。 詳しいプロフィールはコチラから