お母さん、「勉強しなさい!」って言わないで(前編)

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

 

私は、もうすぐ中学2年生になる。
学校もすっかり慣れて、定期テストや勉強の仕方もなんとなくわかってきた。
筋トレばかりだった部活も最近はボールを触らせてもらえる。
先輩も優しいし、うまくなっていくのがとにかく楽しい。

でも、1つだけ私の中でもやもやしていることがある。
それは、お母さんが言う「勉強しなさい!」という言葉。

決して勉強していないわけじゃない。
まぁ、そりゃあ毎日勉強出来ているってことはないけどさぁ。

なにがイヤって言うと、自分が「がんばれた!」と思っても、「もっと出来なかったの?」と言われるとき。

これがこたえる。

「私のときは、もっとしたなぁ」と言われたって、正直知らんがなっって感じ!!
今と昔では違うし。

この間、授業でスタッフと長期計画を話していたときに「主体的に勉強出来るようになるって目標にしたらどう?」と提案された。

確かに私はずっと勉強はやらされている感覚を持っていた。
しないと怒られるから勉強する。
出来ればやりたくないし、マンガ読んだり、ゲームしたりしたい。
だから、どうしても「勉強するぞ!」という気持ちにはなれなかった。

1275249_86778210 (1)

でも、“主体的に勉強する”といってもどうすればいいんだろう。
勉強が好きになれればいいけど、それは無理だと思うんだよねぇ。
イチローが「まずは、自分なりの理由を見つけてごらん。どんなものでもいいから。自分が勉強しようと思える目的が大切だから」と言っていたので、1週間じっくり考えてみた。

はじめは全然わからなかった。
お母さんは、「将来のために勉強する!」って言うんだけど、まだ将来とか実感が全然ないからわからへん。

自分なりの理由ってなんだろう?

私は、ずっと頭の中がグルグルしたまま、いつもの日常を過ごしていた。
(後編へつづく)

 

※ こちらの記事は、生徒の気持ちになってスタッフが書いています。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

田中 洋輔

田中 洋輔

1984年 大阪生まれ 立命館大学文学部卒 中学時代は、部活に打ち込み、勉強では学年で常にトップ10以内。 しかし、中学3年生のときから学校がしんどくなり、誰とも話さなくなる。 野球選手を目指し、大阪の野球強豪校へ行ったものの、自信を失い退部。そこから学校へ行かず、河川敷で過ごす毎日をおくる。 浪人して立命館大学へ入学したものの、なにをしたいかが分からなくなり、行く意味を失う。1回生の夏から1年ほど、京都の下宿で引きこもる。 友人の支えもあり、復活。政治家の秘書やテレビ制作などのインターンをおこない、期間限定のカフェも開く。「自分のようにつらい思いをさせたくない」と思い、D.Liveを立ち上げる。 フリースクールや自信を取り戻す教室を運営。不登校に関する講演や講座もおこなっている。 京都新聞にして子育てコラムを連載中。 詳しいプロフィールはコチラから